鋭い観察眼をもつご意見番、山田美保子さんが、旬の美人を語り尽くします!

芸能界に「美人姉妹」と呼ばれる女優さんやタレントさん、モデルさんは大勢いらっしゃいます。昨今、それ以上に多い「二世」について視聴者の皆さんの興味は、「親御さんにどれだけ似ているか」だと思いますが、「姉妹」の場合は、「ソックリではないこと」「どれほど違う人生を歩んでいるのか」が興味の対象となっているような気がします。 
 姉妹として決して不仲な関係ではありませんが、女性としてタイプが大きく異なるのが美人姉妹。ブレイクする時期も作品の特徴もバラバラで、もちろん、恋愛や結婚のパターンも違っています。そして、いざ芸能界入りしてしまうと、姉妹が同じ仕事現場で顔を揃える機会というのも、めったにないのです。 

サッカーの長友佑都選手とゴールインしたばかりの姉・平愛梨さんと、今年もっともブレイクしている若手女優である妹の平祐奈さんも、所属事務所が違うという理由で、長年「並ばない」と言われ、なかなかツーショットを拝むことができませんでした。 
 それが叶ったのは、「僕のアモーレです」なる流行語が生まれた直後。長友選手が出場する試合を、愛梨さん、恋のキューピッドである三瓶さん、そして祐奈さんが特別な席で観戦したときのことです。 
 両手でハートマークを作ってピッチの長友選手にラブラブ光線を贈る美しい姉の傍らで、キラキラした笑みを浮かべていた平祐奈さんを「妹美人」とお呼びしたいと思います。 

不思議なもので、姉の愛梨さんが夫の仕事場であるイタリアに渡ってからというもの、絶妙のタイミングで平祐奈さんのメディアでの露出が増えました。今年に入ってから祐奈さんが出演した映画は、『キセキ―あの日のソビト―』始め、既に6本。当然のことながらPRイベントや、PRを兼ねたテレビ番組出演が増え、多くの人が気になっている姉の新婚ライフについても、これといったNG項目もなく答えてくれるのが「妹美人」なのです。 

初めの頃こそ「姉の七光り」が見え隠れしていたものですが、祐奈さんのキャラクターがわかってからは、その「妹力」に注目が集まっています。 

最近では、見事大学に合格し、キャンパスライフをスタートさせた途端、「学内のミスコンにスカウトされたこと」、やっと「肩出しの服が解禁になったこと」、それでもまだ、「炭酸飲料とコーヒーは20才まで禁止されていること」などなど、姉一人、兄四人の末妹、平祐奈さんからは、ユニークすぎるエピソードが次から次へと出てくるのでした。

口コミとかで
いろいろな意見の書込みがあるけど
実際は【効果なし】なの?

わたしが気になっているのはコレ・・・

何でも個人差はあるから仕方ないんですけどね

ほとんど全員が【効果あり】みたいに書かれてるのが
ちょっと怪しい気もすんですけど・・・

でもちょっと期待もしてしまいますよね

やってみようか・・・悩むな~