スノーピークが、朝日酒造と酒造りプロジェクトを始動し、「アウトドアで日本酒を楽しむ。」をコンセプトに掲げた日本酒「久保田 雪峰(せっぽう)」を共同開発した。価格は500mlで税抜2760円、9月21日に発売する。

【画像】スノーピークが350万円で買える隈研吾の建築「住箱」を発売

 2社による酒造りプロジェクトは「アウトドア×日本酒」という新しいカテゴリーの創出を目指して始動。両社ともに新潟県の三条市と長岡市に本社を構える同郷企業という点のほか、以前からスノーピークが主催するイベント「雪峰祭」内で朝日酒造がブースを出展するなど交流を重ね、スノーピークからの呼びかけにより実現に至った。スノーピークではこれまでにチタニウム性の酒筒や猪口を展開しており、国内外の店舗では常に「久保田 萬寿」とともに商品をディスプレイしていたという。今回、朝日酒造の代表作である「久保田 」を山廃仕込みによりアウトドア料理にも合う懐の深い味わいに仕上げ、冷やすとシャープな酸味とキレのある後味に、温めるとまろやかな口当たりが楽しめる日本酒が完成。パッケージは既存の久保田のライナップとは異なるスノーピークのコーポレートカラーであるブラックで統一し、スタイリッシュさとインパクトを重視した。発売時には4万8000本の出荷を予定し、久保田販売店および、スノーピークの一部直営店で取り扱う。

本当にあんなに効果が出るんなら嬉しいんだけど、
(ちょっと現実離れした)
インチキ商品のような疑惑を感じるのも普通だよね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

実践者の暴露レビューとかを参考にして
購入するかどうか決めようと思って

ネットで色々調べたら
そんなに悪い評判や口コミが無いんですよ。

サポートもしっかりしてる★と評判が良さそう

どうしよう・・・これはGO!かな?