「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」が、「旅」に特化したコネクテッドウオッチ「タンブール ホライゾン」を発表した。価格帯は27万7000円~39万8000円で、7月11日の今日からブランド店舗で販売している。

【画像】LVMHではタグ・ホイヤーがスマートウオッチを展開

  「タンブール ホライゾン」はグーグル(Google)と通信技術や半導体の設計開発を行うクアルコム(Qualcomm)との協業のもと、2002年にルイ・ヴィトンが発売した時計「タンブール」のデザインを踏襲し、コネクテッドウオッチとして発表。本体の「ハード」とストラップの「ソフト」を同時に手掛けるのはラグジュアリーブランドとして初めての取り組みだという。発売されるのは「タンブール・ホライゾン グラフィット」(27万7000円~)「タンブール・ホライゾン ブラック」(33万7000円~)「タンブール・ホライゾン モノグラム」(27万7000円~)の3型。本体とストラップは別売りで、簡単に装着ができるストラップは60種類(メンズ・ウィメンズ各30種)をラインナップする。価格帯は3万8000円~6万1000円。

いろんな口コミを見てみたけど
  ・実際に体験した人の口コミは信頼できる
  ・やらずに騒いでる人の口コミは基本的に悪評を書いている
ような気がします。

違うかな?

わたしが気になっているのはコレ・・・

どれだけ簡単に効果がでるかは、
口コミからはわからないけど、

【短期間】といっても
さすがに3日間~2週間って・・・
かなり怪しい感じがするのは私だけかな

けど本当に効果が出るならやってみたい★

事実、ずーっと悩んでるわけだし
早くコンプレックス解消したいよ。