東京ミッドタウン(東京・港区)で5月20日(土)~21日(日)に開催された「WOMAN EXPO TOKYO 2017」。開催初日の5月20日にモデルで女優の知花くららさんのトークショー、「知花くららが世界でみてきたのは―『女性は仕事で元気になる!』」が行われました。聞き手は集英社の40代向けファッション誌「Marisol」編集長・杉野潤子さん。今回のトークショーでは、知花さんのもう一つの顔である、国連WFP日本大使としての活動について詳しくお聞きしていきました。

【関連画像】「恋に落ちてしまった」という「学校給食プログラム」とは?

●母の思わぬ一言で、チャリティーに興味を持った

 2013年より国連WFPの日本大使としても活躍している知花さん。実際にどんな活動をしているのでしょうか。

 「まず、国連WFPというのは戦争や自然災害、貧困などの影響で食べ物が足りない地域に食糧を支援する機関なんですね。私自身は2007年からオフィシャルサポーターとして活動を始めていますので、今年で11年目になります。毎年一度、アフリカやアジアなど現地視察に出掛けていて、これまでに9カ国を訪問しました」

 編集長の杉野さんから「知花さんは、小さいころからこうしたチャリティー活動に興味があったんですか? この活動を始めるきっかけとかは?」と問いかけられると、

 「チャリティーに興味を持ったのは、母の一言がきっかけですかね。小学校の高学年ぐらいに二人でテレビを見ていると、母にいきなりこう言われたんです。『もし万が一、あなたがこのテレビに出ている人たちみたいに有名になったり、お金持ちになったりするようなことがあったら、その影響力をもって社会に何かができるっていうことを覚えていてほしいな』って。そのときは『え? お母さん、何を言ってるの?』と思ったんですけどね(笑)。でも、大人になってからもその言葉が心のどこかに残っていて、なんとなくチャリティーの活動に関心が向くようになったのかもしれません」

いま、話題になっている・・・
頑張らなくていい産後ダイエットをご存知ですか?

その効果についてもですが、
長谷川 記祥さんの評判も色々と書かれてますね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

気になる内容が『あの掲示板』でかなり流出してるみたいです。

ネタバレと口コミを読んでみると・・・
ある程度、購入前に中身がわかるっていいかも。(^^)v

文句とか批判ばかり言ってても仕方ないですよね。

ちょっと頑張ってチャレンジしてみようかしら?!