女性の心にグサグサ刺さる人気マンガ『美人が婚活してみたら』(漫画アプリ「Vコミ」連載)。黒川芽以主演で実写映画化され、2019年公開が決定した(シソンヌじろう脚本、大九明子監督)。

 美人OL・タカコ(32歳)はある日、一念発起して婚活を決意するも、次々と痛い現実を知ることに――作者・とあるアラ子の実在する友人をモデルに描いた、現在進行形エッセイ漫画だ。

 そこで今回は、作中で主人公・タカコがシングルズ・バーへ挑戦したエピソードをヒントに、「夜の出会いの場ツアー」を実施。「Vコミ」編集部員のYが、美人の友だちを連れて都内各所へ潜入した結果を再現する。

◆秋葉原の相席居酒屋からスタート

 美人と一緒に出会いを求めるツアー。主に狙いを定めたのは、「相席居酒屋」と呼ばれるお店だ。

 男性がやや高めの値段設定(時間制が多い)になっているのに対し、女性は基本的に無料で飲み放題&食べ放題。新生活や歓送迎会、お花見などで金欠に陥りやすい春先には、じつにありがたいシステムとなっている。

 とはいえ、こちらの目的はあくまでも「いいオトコとの出会い」。美人の女友だちと一緒に来店することで、アラサー独身の自分(「Vコミ」編集部員のY)もぜひオコボレにあずかりたいところ。婚活に役立つ場であるかどうかも、しっかりと見極めていきたい。

 まず訪れたのは、秋葉原にある相席居酒屋。同行してもらったのは、友人のKちゃん。安達祐実似の31歳である。2人とも初の相席居酒屋ということで、かなり緊張気味。最初は、草食男子の多そうな秋葉原がよかろう、との考えからお店を選択してみた。

 ホームページで確認したところ、やはり女性は無料で飲み放題&食べ放題とのこと。そこで見知らぬメンズたちと相席するだなんて、「正直、アヤしいよね……」と警戒するKちゃん。「もしや何かウラがあるのでは!?」という思いを抱えながらお店へ向かう。

◆相手がダメならチェンジもオーケー

 平日の夜にもかかわらず、大勢の人でごった返す秋葉原駅。電気街口から徒歩5分程度で、目的のお店へ到着。表通りに面しているものの、ビルの照明が暗く、何度か通り過ぎてしまった。

 20時頃にエレベーターへ乗り込み、いざ店内へ。『美人が婚活してみたら』のタカコ同様、最初に身分証の提示を促され、年齢確認をされる。

 店内の座席数は約30席ほどで、すべてボックス席。お店の内装はザ・ゴージャス。天井にはシャンデリアが吊されており、何ともムーディな雰囲気が漂う。

 ザッと見たところ、男性客よりも女性客のほうが多い。3分の1弱の席は、女性客だけでワイワイと楽しそうに話している。女性の客層は、キャリアウーマン系のアラサー女子が中心という感じ。

 席が各々離れているため、自分の席に着くと、周りの人は目に入らなくなる。ホッとひと息。店員さんもかなり親切なため、2人ともだいぶ緊張が和らいできた。

 無料ということであまり期待していなかった食事とドリンクも、予想以上に充実。食事は軽食やお菓子類が、ビュッフェスタイルで食べ放題になっている。

 しばし女2人で談笑していると、店員さんのほうから、「男性が来ましたので、相席をお願いします」との声かけあり。相席をすることが前提のお店なので、もちろんオーケー。ちなみに、もし苦手なタイプの人と相席になってしまった場合は、店員さんに伝えたりすれば、気軽にチェンジもできるらしい。

◆初めての相席は神保町の会社員

 こちらの席に2人の男性がやって来たところで、いざ相席スタート!

 男性は、椎名桔平をちょっとポッチャリさせた感じの30代後半のAと、和田正人を根暗にした感じの20代後半のB。

 どちらもジーンズ姿だったが、神保町近辺のシステム会社に勤務しているサラリーマンとのこと。

Kちゃん「私たち、相席居酒屋って初めてなんです。よろしくお願いします~」

A「そうなんだー! オレは2回目だよ。前も来て楽しかったから」

B「僕は初めてです……」

Y(私)「結構、緊張しますよね」

A「キミたちはどうしてここに来たの?」

Y(私)「出会いがなくて……アハハハ」

 Aが率先して話を振ってくれたので、終始、なごやかムードで進む。こういうときに、年上の男性は頼りになるなと実感。アルコールが進むにつれてリラックスし、彼らの職場に女性がほぼいない話や、好きなお酒の種類などで盛り上がる。

A「今度カラオケ行こうよー!」

Kちゃん「行きた~い!!」

 などと、次の約束もすんなり決定していた。2人は、さっさとLineで連絡先交換。さすが美人のモテ女。連絡先交換もスマートだった。

◆案外、狙い目だった秋葉原

 1時間ほどすると、再び店員さんが登場。

「たくさんの人に出会ってほしいので、男性はお席の移動をよろしくお願いいたします」

 というわけで、男性陣は離席。「また飲もうねー!」と、明るくお別れ。

 すぐさま、新たな男性2人組が席にやって来る。今度はどちらもスーツ姿。勤め先は前の2人同様、神保町近辺とのこと。

 しかし、この時点でお酒が大好きなKちゃんはやや酩酊状態。美人の酔っ払っている姿に、男性陣の顔もほろこぶものの、適当に話をしたところで「そろそろ帰ろう~~」と、Kちゃんがギブアップしてしまった。お開きになったが、こちらの2人とも連絡先を交換した。

 結局、約2時間で4人の男性と話して、全員と連絡先を交換。チャラチャラした印象もなく、会話もスムーズにこなしてくれる紳士的な人たちだった。当たりだったのかもしれない。次の飲み会も、しっかりと約束しておいた。

 帰りの時間は22時近く。その頃には男性客もだいぶ増えており、店員さんから「もう帰っちゃうんですか~(涙)」と、カジュアルに引き留められる。来店前に抱いていた、相席居酒屋へのアヤしいイメージは、すっかり払拭されていた。

 正直なところ、秋葉原という土地柄から、オタク系の人たちも多いのかなとも思っていたが、男性客の多くはスーツ姿のサラリーマン。会社帰りに寄っているパターンがほとんどのようで、真面目な出会いを探すにも、案外、秋葉原は狙い目なのかもしれない。次回は、渋谷と銀座に乗りこむことにした。

※漫画/『美人が婚活してみたら』 スマホアプリ「Vコミ」にて連載中

(C)とあるアラ子/Vスクロールコミックス(小学館クリエイティブ)

【どんなタイプでも解決できる】みたいに言ってるのが
ちょっと【インチキくさい】感じがするのよね

わたしが気になっているのはコレ・・・

よく公式サイトとかに出ているモニターさんって
成功したから、代表例として出演しているわけで・・・
全員が【必ず】成功するとは限らないよね。

かといって
実践者のリアルな口コミを読んでると
かなり高い効果を実感できるみたいだよね。

信じて、試してみようかな