キャサリン妃の出産でわいた、今週月曜日。真っ赤なドレスでベビーとともに登場されたキャサリン妃の美しさには、未だ信じられないほどの驚きが記憶に残っていますが、ケンブリッジ家のもうひとりのプリンセスも、この日の注目をさらい世界中をメロメロにしました。

【キャサリン妃出産時のジョージ王子&シャーロット王女】

ウィリアム王子に連れられ、リンドーウィングに到着したシャーロット王女の、まさにレディなお手振り!
待ちかまえるメディアに対して魅せた、そのロイヤルウェーブとともに、直後からTwitter上でも、シャーロット王女にメロメロの声が続出。
そして、ファッションアイコンとしても、やはりその地位は不動。登場から数時間で同じドレスが完売するなど、シャーロット王女効果もふたたび!

スクールから帰宅後間もないジョージ王子のユニフォーム姿とは異なり、きっとシャーロット王女は、面会のためのおめかしをされたのでしょう。
フロックドレスにニットカーディガン、くるぶし丈の白ソックスにメリージェーンという、ザ・プリンセススタイルで登場。
ブルーのツルニチニチソウの花柄に、デイジーが刺繍された、白襟のドレスは、リトル・アリス・ロンドンのもの。
私たちの耳には初めてのブランドですが、なんとこのブランドの設立者は、マールバラ カレッジ時代キャサリン妃の同級生だった人なのだそう。故意に知り合いのブランドを愛用されているのは、それとも偶然なのかはわかりませんが。

ネイビーのノーカラーカーディガン、ソックスに、アイコンのボウのヘアピンは、かねてからご愛用のアマイアキッズ。
以前から、シャーロット王女のタイツやジョージ王子のハイソックスなども、ここアマイアキッズのものを愛用され続けていますが、娘のソックスにもこだわれるって、親として最高のぜいたくな気分ですね。小さなところ、しかも消耗の激しいアイテムを、値段を考えずに好きなだけ買ってあげられるとしたら、娘を持つ親としてはきっと最高にうれしいですよね。

そのほか、個人的に気づいたポイント !

【その1】
この日のために髪も準備万端!綺麗に切りそろえられていたようです。後ろ姿だってカンペキでした。

【その2】
シャーロット王女もジョージ王子も、足細い!
ふくらはぎが細いのはわかるとしても、太もももまっすぐ。特にシャーロット王女の膝から上が、全然ぽっちゃりしていないことに驚き。モデル体型のよう。
ウィリアム王子も、すっかりお痩せになったし、ケンブリッジご一家でヘルシーな食生活がもはや基本となっているのでしょう。

それにしても、気づけばまだ3歳直前の、シャーロット王女。
すでにプリンセスとしての自覚たっぷり?、はたまた生まれついてのサービス精神旺盛?もしくは、アナ雪ファンでプリンセスに憧れるがゆえの、なりきりプリンセス(本物ですけど)ゆえの振る舞い?なんにせよ、手の振り方も女王とソックリ。目元だけを見ると、子供の頃のウィリアム王子とそっくりですが、お顔全体は、もはやエリザベス女王にしか見えません。

実際お家の中でもボスのごとく仕切っていると言われるシャーロット王女ですが、この時もシャーロット王女のファッションに、キャサリン妃の言葉なきメッセージが隠れていたようです。

面会での3ショットのうち、ウィリアム王子&ジョージ王子と紳士おふたりは、いつもの定番カラー、ブルースタイルでしたが、シャーロット王女までもブルーだったのはなぜでしょう?
ピンクや赤などの英国プリンセスカラーや、春らしいイエローでもいいのに、ブルー系を選ばれたのは、新たに誕生したプリンスを喜んでお迎えする「ウェルカム カラー」を意味していたようです。やはりロイヤルファッションは語ります。

【悩み】が本当に解決できるなら
やっぱり気になるし、やってみたいなあ。

わたしが気になっているのはコレ・・・

こういう時は
体験ブログの口コミを参考にするのがベスト!ですよね

あまり悪い評判もないみたい
効果がでている人もいそうだから
やってみてもいいかもしれないな~