仕事を辞めて専業主婦になり、長い時間がたつと、復帰に対してのさまざまなハードルが上がるのではないか――と思っている人も多いのではないでしょうか。今回、お話をお聞きしたのは16年間の専業主婦生活を経て、2年ほど前に44歳で仕事に復帰したという江原なおみさん。46歳の今、二人のお子さんを育てながら、サイボウズの広報を務めるまでの道のりを伺いました。

【関連画像】「まさか希望通りの働き方ができるなんてびっくりしました」

――1993年、江原さんは新卒でソニーに入社をされたんですよね。

 はい、ソニーでは最初5年ほど、海外営業に携わっていました。その後、「VAIO」関連の部署に移ったらとても忙しく、2~3カ月に1回、アメリカやヨーロッパに出張があり、目まぐるしい毎日でした。最初は楽しかったのですが、結婚して家庭と仕事の両立が難しくなっていたこともあり、だんだん疲れてきてしまって。平日は夫婦で過ごす時間がないし、土曜日は疲れて1日寝ている状態。「疲れたなあ~」が口癖で、何のために結婚したんだろう……と思うような毎日でした。そんな時、夫がロンドンに転勤することになり、仕事を辞めて一緒に行くことにしたんです。

――海外に行ったら、再び働いてみようかなという思いはあったのでしょうか。

 ソニーは世界中にオフィスがあるので、もしかしたら現地でもう一度採用してもらうこともできたかもしれません。周りからは「なんで辞めるの?」「おめでた?」「留学?」なんて驚かれましたね。当時から、出産後も仕事を続ける女性がたくさんいるとても良い会社だったのですが、私は不器用でバランスがうまく取れず、疲れがたまった状態で「仕事はいいや」と思っていました。今ほど転職する人がいない時代だったので、転職という選択肢を考えることもなく、専業主婦の道を選びました。

 というのも、私の母親がずっと専業主婦で、「専業主婦っていいな」という思いもあったんですよね。ところがその母からも反対された。「私の時代は、結婚したら仕事を辞めなくてはならなかった。でも、あなたにはいろいろな選択肢があるんだからもったいない」と。当時はあまりに疲れていて、母の立場になって冷静に考えることもできず、家事と仕事の両立は私にはできないと思っていました。社会に出ても実家暮らしでぬくぬくしていた私は、結婚して家事と仕事の両立が始まって頑張り過ぎていたのかもしれません。

――専業主婦になると決めて、旦那さんはどんな反応でした?

 夫婦で疲れ切った毎日だったので、夫は喜んでくれました。それまで土日のどちらかは寝だめの日で、買い物や家の片付け、掃除などで終わっていましたから(笑)。会社を辞めて海外に行くまでの約4カ月間、これまでやりたかったことを一気にやりました。お茶のお稽古、ジム通い、美術館巡り。その生活が何年も続いたら飽きるかもしれませんが、4カ月間限定だったのでものすごく楽しめました。

――そして、ロンドンに2年間行かれました。

【どんなタイプでも解決できる】みたいに言ってるのが
ちょっと【インチキくさい】感じがするのよね

わたしが気になっているのはコレ・・・

よく公式サイトとかに出ているモニターさんって
成功したから、代表例として出演しているわけで・・・
全員が【必ず】成功するとは限らないよね。

かといって
実践者のリアルな口コミを読んでると
かなり高い効果を実感できるみたいだよね。

信じて、試してみようかな