ことの発端はトム・クルーズの関係者が「トムは交際する女性を選ぶためにオーディションをしていた」と暴露したこと。トムはニコール・キッドマンと離婚した直後にオーディションをしていたという。この関係者の元に間違いで送られてきたオーディションの報告書の中にスカーレットの名前があったと話している。

【写真】スカヨハも神々しい!メットガラ2018 レッドカーペットを完全網羅

これに対してスカーレットは真っ向から反論! 「恋愛のために人がオーディションを受けるというのはとても屈辱的な考え方」と雑誌『ハリウッドリポーター』に声明を発表。「自分の交際相手を自分で選ぶ品位を私が持っていないと言いふらされるのは心外」と怒りを露わに!

ちなみにトムにデートオーディションの噂が出たのはこれが2度目。2012年にも過去にトムと交際していたイラン出身の女優ナザニン・ボニアディはオーディションで選ばれたと報じられたことがある。

関係者はスカーレットの「オーディションはうまくいかなかった」とも暴露しているけれど、それ以前にオーディションで選んだり選ばれたりしたという噂だけでも十分失礼。ゴシップには慣れているスカーレットが怒ったのも無理はないかも。