蒸し暑さが気になる季節になってきましたが、すでに夏休みの旅行の計画を立てている人も多いのではないでしょうか?

⇒【写真】オススメ乗り継ぎ都市・上海

 たとえば海外旅行の場合、ツアー派や個人旅行派の方も「できるだけ早く目的地に行きたい!」といった理由から直行便を選ぶ人が多いと思います。しかし、直行便は移動時間が短くて済む分、航空券もツアーも乗り継ぎ便よりも割高です。

◆乗り継ぎ客のためにホテルを無料で提供したり、無料観光ツアーを実施する航空会社や空港も

 一方の乗り継ぎ便には割安なものが多いですが、場合によっては経由地で半日や1日待たされることも珍しくありません。でも、これを前向きに捉え、「せっかくだし、乗り継ぎの時間で観光しちゃえ!」と考える人もいるのです。

 まず、アジアの場合ですと、「ソウル(仁川)」、「台北(桃園)」、「上海(浦東)」、「北京」、「バンコク」、「クアラルンプール」、「シンガポール」といった主要空港には、いずれも日本からLCCが就航。

 しかし、キャリアフラッグ(※JALやANAのように機内食が出る、預け荷物も規定内なら無料の従来型サービスのエアライン)でも「中国国際航空」(北京)や「中国東方航空」(上海)、「チャイナエアライン」(台北)などは、運賃の安い航空会社として有名です(※都市名は各航空会社の拠点)。

 なかでも中国国際航空と中国東方航空は、それぞれ乗り継ぎ客のために無料でホテルを用意(※到着便・乗り継ぎ便ともに同じ航空会社を利用時。ほかに航空券の種類、乗り継ぎ時間などの条件がエアラインごとに設けられている場合があります)。タダでホテルに泊まれちゃうわけですから、これはなんだか1泊分得した気分ですね。

 また、台北の桃園国際空港やソウルの仁川国際空港、シンガポールのチャンギ国際空港では、乗り継ぎ客を対象にした無料の観光ツアーを実施しています(※特定航空会社の利用客限定など参加条件を設けている場合があります)。短時間で効率よく定番スポットを回ってくれるため、これも魅力的です。

◆空港での待ち時間が5時間以上あるなら、一時入国して観光するのがオススメ

 とはいえ、こうしたサービスを用意している空港や航空会社は一部。しかし、時間さえあれば自力で観光することも可能です。

 香港の場合、「エアポートエクスプレス」という列車なら空港から市内中心部にある終点の香港駅まで24分。飛行機の乗り継ぎ時間が5時間ほどあれば、香港が一望できる有名なビクトリアピークの展望台に行くことも可能です。

 同じく無料ツアーのないマレーシアの首都クアランプールだと市内までバスで1時間ほどかかりますが、空港からシャトルバスで20分の場所に日系の大型ショッピングモール「三井アウトレットパーク クアランプール国際空港 セパン」があり、日本人旅行者に大変人気です。

 アジア以外ですと、「エミレーツ航空」を利用するアラブ首長国連邦のドバイ乗り継ぎ、そのドバイに程近い同国のアブダビを乗り継ぐ「エティハド航空」も日本からの直行便があること、サービスの質が高いことでも人気。欧米やアジアとも違うアラブの国々を訪れる機会はなかなかありませんし、乗り継ぎの際にちょっと街ブラするだけでも楽しいはずです。

 あと、アラブ圏ではカタールのドーハを拠点とする「カタール航空」やカイロが拠点の「エジプト航空」も忘れてはなりません。どちらのエアラインもエコノミークラスの乗客にもホテルを無料で用意してくれるんです(※航空会社により利用の条件が設けられている場合があります)。

◆エジプトでの乗り継ぎで無料提供されたのは、4つ星クラスの高級リゾートホテル

 私は以前、エジプト航空を利用した際、カイロから先の乗り継ぎ便が翌日だったため、空港近くのホテルを無料で用意してもらったことがあります。そこはホテルやカジノもある高級ホテルで、食事もビュッフェ形式の夕食と朝食の2食付き。

 ホテル相場が比較的安いエジプトとはいえ、旅行サイトで手配すれば1泊1万円前後の宿泊費がかかっていたはずです。

 ほかにも乗り継ぎ時間に応じて、無料ホテルと無料ツアーの両方を提供しているのが、トルコのイスタンブールを拠点とするターキッシュエアラインズ。実は、ここの無料ツアーにも参加したことがあるのですが、ブルーモスクやアヤソフィア、グランドバザールなどを効率よく回ることができ、仮にお金を払って参加したとしても十分満足できる内容でした。

 それとヨーロッパだとフランクフルトもいいですね。香港のように自力での観光になりますが、空港から市内のフランクフルト中央駅まで電車でわずか12分。中世の街並みが残るマインツも空港から電車で30分かからず、乗り継ぎついでの小旅行には最適です。

◆乗り継ぎの待ち時間が長い航空券ほど安いので狙い目

 ちなみに無料ホテルや無料ツアーを利用した場合、到着時に専用のカウンターで申し込めばOKのところもあれば、ネットでの事前予約が必要な場合もあります。航空会社側もスムーズな乗り継ぎを提供できるようにフライトスケジュールを組んでいますが、乗り継ぎ便まで半日程度の時間があるケースは意外とあったりするものです。

 これが旅慣れてくれると、わざと乗り継ぎ時間が長めになるように調べたうえで航空券を購入する人も。一般的には乗り継ぎ時間が長めの場合、航空券が安い傾向にあるので、安いチケットを購入するのがポイントかもしれません。

 荷物は最終目的地まで航空券を通しで購入している場合、乗り継ぎ便が翌日など日をまたぐ場合などを除き、基本的に最終目的地まで預かってくれます。

 航空券もほとんどが最初の搭乗地の空港で、乗り継ぎ先からの航空券と2枚同時に発券。観光から空港に戻ったら航空会社の搭乗カウンターに並ぶ必要はなく、そのまま保安検査や出国審査のエリアに直行できます。

 滞在時間も短く、あくまでオマケ程度の旅とはいえ、ちょっと得した気分になれるのは間違いなし。利用する空港やエアラインによっては、ホテルも現地ツアーも一切お金がかからないため、旅先やルート選びの参考にしてみてはいかがでしょうか?

◆オススメ乗り継ぎ都市(アジア)

■台北(桃園国際空港)

拠点航空会社:チャイナエアライン、エバー航空

無料観光ツアー:あり

無料ホテル提供:なし

■上海(浦東国際空港)

拠点航空会社:中国東方航空

無料観光ツアー:なし

無料ホテル提供:あり

■北京(北京国際空港)

拠点航空会社:中国国際航空

無料観光ツアー:なし

無料ホテル提供:あり

※上海、杭州、成都、天津乗り継ぎの場合も可

■広州(広州白雲国際空港)

拠点航空会社:中国南方航空

無料観光ツアー:あり

無料ホテル提供:あり

■香港(香港国際空港)

拠点航空会社:キャセイパシフィック航空、香港エクスプレス航空

無料観光ツアー::なし

無料ホテル提供:なし

■ソウル(仁川国際空港)

拠点航空会社:大韓航空・アシアナ航空

無料観光ツアー:あり

無料ホテル提供:なし

■クアラルンプール(クアラルンプール国際空港)

拠点航空会社:マレーシア航空、エアアジア

無料観光ツアー::なし

無料ホテル提供:なし

■シンガポール(チャンギ国際空港)

拠点航空会社:シンガポール航空、シルクエアー、タイガーエア

無料観光ツアー:あり(シンガポール航空、シルクエアー利用の場合)

無料ホテル提供:なし

◆オススメ乗り継ぎ都市(中東・アフリカ)

■ドバイ(ドバイ国際空港)

拠点航空会社:エミレーツ航空

無料観光ツアー:なし

無料ホテル提供:あり

■アブダビ(アブダビ国際空港)

拠点航空会社:エティハド航空

無料観光ツアー:なし

無料ホテル提供:なし

参考 https://www.etihad.com/ja-jp/plan-and-book/book-stopovers/

■ドーハ(ドーハ・ハマド国際空港)

拠点航空会社:カタール航空

無料観光ツアー:なし

無料ホテル提供:あり

■カイロ(カイロ国際空港)

拠点航空会社:エジプト航空

無料観光ツアー:あり

無料ホテル提供:あり

◆オススメ乗り継ぎ都市(欧州)

■フランクフルト(フランクフルト空港)

拠点航空会社:ルフトハンザドイツ航空

無料観光ツアー:なし

無料ホテル提供:なし

■アムステルダム(アムステルダム空港)

拠点航空会社:KLMオランダ航空

無料観光ツアー:あり ※英語サイト

無料ホテル提供:なし

■イスタンブール(アタテュルク国際空港)

拠点航空会社:ターキッシュエアラインズ

無料観光ツアー:あり ※英語サイト

無料ホテル提供:あり ※英語サイト

ちょっと不安があるんだよね。

口コミで見る限りでは、
良い評判もあるし
さっそく試したいけど・・・どうなんだろうね?

わたしが気になっているのはコレ・・・

実践者の口コミや評判って
何か安心感があって、
基本的に効果については肯定する声が多かったです。

あまり良い口コミばかりだと
胡散臭いけど・・・やってみようかな