株式会社玉手箱の真・アマゾン輸出ノウハウ購入者が言う実際の評判

株式会社玉手箱の
真・アマゾン輸出ノウハウに
ずいぶん前から興味ありました。

でも、安い買い物でもないし
ネットの商品だから・・・

出典元:「アマゾン」と「スターバックス」が、お客様をつなぎ止めるために行ったビジネスモデル

『売上がぐいぐい伸びるお客様の動かし方』(理央 周著、実務教育出版)は、2016年に発行された『なぜ、お客様は「そっち」を買いたくなるのか』の続編。前著がマーケティングに必要な要素を網羅した入門書であったのに対し、本書はその実践応用編になっているのだといいます。

【画像】「アマゾン」と「スターバックス」が、お客様をつなぎ止めるために行ったビジネスモデル

ただし本書のほうが、よりお客様の心、消費者インサイトを掘り下げ、実践にも焦点を当てているそう。つまり、構成的にも消費者の心の動きに沿ったものになっているというわけです。

マーケティングの本質は、お客様を動かすこと。 商売の本質は、こちらが何を売りたいかではなく、お客様の目線に立つこと。

お客様はどう心を動かされるのか。 お客様が欲しいのは何なのか。 お客様は何を提案したら喜んでくれるのか。 お客様がずっと買ってくれるようになるには、どうすればいいのか。

お客様を動かす行動経済学のフレームワークを用いた、私が体験したこと、クライアントが成果を出した事例なども紹介していますので、利益を出すヒントになるはずです。(「はじめに」より)

こう語る著者は、マーケティングアイズ株式会社代表取締役。マーケティングとブランド構築のコンサルティング、社員研修などによって定評を得ている人物です。

そんな本書のなかから、きょうは5章「お客様がリピーターになりたくなるのは『どっち』?」に焦点を当ててみましょう。自社の商品やサービスに対する「リピーターづくり」について解説したパートです。

ちょっと不安があるんだよね。

口コミで見る限りでは、
良い評判もあるし
さっそく試したいけど・・・どうなんだろうね?

わたしが気になっているのはコレ・・・

実践者の口コミや評判って
何か安心感があって、
基本的に効果については肯定する声が多かったです。

あまり良い口コミばかりだと
胡散臭いけど・・・やってみようかな