【お客様の声価格】バナーのデザインと作り方(単品)の効果は?厳しいレビュー

ここ最近、すいぶん話題になっている

株式会社感動集客の
【お客様の声価格】バナーのデザインと作り方(単品)が、
とても気になっているんですよね。

出典元:Photo:Getty Images

ただ今、オランダのウィレム=アレクサンダー国王とマクシマ王妃が英国を公式訪問中。
エリザベス女王を筆頭にチャールズ皇太子ご夫妻と、ロイヤルファミリーが揃ってご夫妻をおもてなしされています。
23日に行われた公式晩さん会では、女王、チャールズ皇太子ご夫妻に加わって、ウィリアム王子&キャサリン妃も出席。
ご夫妻にとって公式晩さん会への出席といえば、2015年の中国国家主席、2017年のスペイン国王ご夫妻に続いて、今回で3度目となります。
着々と機会は増えているように感じられますね。
しかもキャサリン妃にとっては、2016に年初めてソロで海外訪問をされた国がオランダ。その際ウィレム=アレクサンダー国王ともお会いになっていることから、逆に訪英された際にはもてなす側となられるのが当然、でしょう。

【写真】オランダ王室の愛らしいプリンセス“トリプルA”

そしてキャサリン妃のファッションは!
この日のために作られたと思しき、初お披露目のブルーのドレスは、アレキサンダー・マックイーンのビスポーク。
シワ加工のシルク素材のボディコンシャスなドレスに、太ももあたりから切り替えがなされ、裾にかけてボリュームを出した、マーメイドのシルエットが、キャサリン妃には珍しいデザインですね。
まったくアレキサンダー・マックイーンらしくない気がする上、なんだかレトロすぎ、やや古い印象を受けてしまった、というのが正直な感想でした。
しかしこの日、ドレス以上に目を惹いたのが、豪華ロイヤルジュエリーの数々!!
まずティアラは、これまでにも愛用されてきた、ご存じ“ケンブリッジ ラヴァーズノット”を着用。
同様のパールとダイアモンドのイヤリングも“コリングウッド パール イヤリング”と、どちらもダイアナ元妃が生前愛用されていたものですね。
今やキャサリン妃の定番ティアラ&イヤリングとなりつつあるほど、愛用され、受け継がれていることがわかります。
その他に、この日はネックレスにブレスレットも!
ネックレスは初めておつけになったもので、エドワード7世の妃、アレクサンドラ・オブ・デンマークのウェディング パリュールのひとつで、ガラードによるもの。
メアリー王妃からクイーンマザーへ受け継がれ、幾度となく愛用された後、2002年にエリザベス女王へ。
しかし女王が公の場でおつけになった姿は未だ目撃されていないようなので、今回キャサリン妃によって再び脚光をあびることになりました。

本当にあんなに効果が出るんなら嬉しいんだけど、
(ちょっと現実離れした)
インチキ商品のような疑惑を感じるのも普通だよね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

実践者の暴露レビューとかを参考にして
購入するかどうか決めようと思って

ネットで色々調べたら
そんなに悪い評判や口コミが無いんですよ。

サポートもしっかりしてる★と評判が良さそう

どうしよう・・・これはGO!かな?