JC Formulaのネタバレと体験談

株式会社アールの
JC Formulaが気になってます。

公式サイトを読んでも
大事な部分がよくわからないから・・・
もっと詳しく知りたいと思っちゃうよ。もー

出典元:Twitter / @TerriRupp

ラスベガス在住のテリ・ラップさん(35歳)は、この11月に初めてマラソン大会に出場する女性。髪の毛にLEDライトを編み込み、家族の応援を受けて走るそうですが、もし達成できれば、素晴らしい快挙となります。なぜなら、彼女は目が見えない状態で42.195キロを完走したことになるから。

「私にとって、走ることは“禅”です」と<Good Housekeeping>に語ったラップさん。ラスベガスにある障がい者サポートグループ「アキレス・ラスベガス」の伴走者とひもで手首を結び、日頃からトレーニングに臨んでいるそう。「走ることで自分の限界を超えることができます。私も子供たちも、私が全盲だからって生きたい人生を生きられないわけじゃないと知ることができるんです」。

5歳で視神経萎縮と診断されたラップさん。目から脳をつなぐ神経を損なう病気で、治療不可能かつ進行性の病だけれど、ラップさんは世間が持つ全盲のイメージに抵抗するだけでなく、これを打ち破ってきた女性。結婚して2人の小学生の母になり、全米盲人連合のネバダ支部会長になり、盲人用の白い杖で森の中を歩くキャンプの達人でもあるそう。「大体のことはできますが、運転は無理ですね。でも、それにはウーバーがありますから」とラップさん。

ラップさんにかかると何でも容易いように見えるけれど、ここまでの道のりは険しかったそう。ほとんど見えないのに見えるふりをしたり、自分に寄せられる期待の低さに不満を抱いたり。だからこそ、自分と同じ境遇にある人々を助けたいのだとか。

「障がいによって私たちを定義づけることはできません」とラップさん。「私たちを定義するのは、その生き方です」。

全米盲人連合によると、アメリカにおいて盲人であると認定されたおよそ100万人のうち、まったく何も見えない人はそのうちのわずか1%。ラップさんはその他の大多数の人のように、はっきりせず不鮮明ではあるものの、まったく見えないわけではないのだとか。

「暗さや明るさの色合いや、ぼんやりした形は見えますし、何か動いていればわかります。でも、詳しいことはわからないんです」とラップさん。例えば、娘のマーリーちゃんの顔の丸さは感じられるけど、その細部まではわからない、お気に入りのランニング用シャツの明るさは知覚できるけど、色はわからない、という具合なのだとか。そこで、数々の工夫によって課題を乗り越えて来たそう。

「マーリーは歩き始めたころ、よく見つけにくい場所に入り込むことがありました」とラップさん。そこで、「ベルをつけたり、音が鳴るスニーカーを履かせたりしました」。また、洗濯する前には娘の洋服の上下をピンで留め、合わない組み合わせにならないようにもしたとのこと。

少しは目が見えるものの、自分を全盲と呼ぶほうがしっくりくるというラップさん。「弱視だとか、視覚障がいがあると言うとき、自分は『(何かに)満たない』『十分でない』と言っているような気持ちになるんです」。

ネタバレ記事を見つける為に
ネットで検索してみたら
実践者の体験ブログがあった★。

わたしが気になっているのはコレ・・・

『書いてある通りに正しく実践すれば効果あり?』

何でもそうだろうけど【継続する】のが大変なんだよね。

私みたいな
飽きっぽいタイプの人でもできるかな?

本当に効果がでるなら
頑張ってみたい気もするな。