高IQ団体”メンサ”の会員が教える  13の㊙説明テクニック(稗田 友明)の悪評のレビューあり?

高IQ団体”メンサ”の会員が教える  13の㊙説明テクニックを販売している
稗田 友明さん・・・

注目度が高い分、いろいろな噂もあるよね。

出典元:保留ボックス

整理収納アドバイザー・生き方スタイリストの吉川永里子です。今年もあっという間に年末が近づいてきました。何かと忙しくなるこの時期、大掃除が悩みの種の方も多いでしょう。でも今年は「平成最後の年末」だと思うと、部屋の中をスッキリ爽快にしてから年越ししたいですよね。

⇒【写真】「鬼速片づけ」前後の部屋

 私は今でこそ、整理収納アドバイザーを名乗っていますが、実は「元・片づけられない女」でした。だから片づけが苦手な人の気持ちがすごいわかるんです。そもそも「めんどくさい!」ですし、本を読んでやり方を勉強しても、「いろいろ覚えるの、めんどくさい!」となってしまいます。そんな私が、どんなにズボラな人でも家を最短時間でスッキリさせる方法、として考え出したのが「鬼速片付け」なんです。

 鬼速片づけのポイントは、たった2つ。「ぜんぶ出し」と「保留ボックス」だけ。この2つのメソッドを実践するだけで、誰でもてっとり早く片づけを終わらせることができます。さっそくそれぞれ紹介しましょう。

◆「ぜんぶ出し」で部屋がスイスイ片付く

「ぜんぶ出し」とは、文字どおり、片づける場所の物をぜんぶ出してしまうことです。たとえば、グローゼットを片づけようというとき、その場で片づけようとせず、いったんクローゼットの中身をぜんぶ床に広げます。スペースがなければリビングなどで、服が汚れないように、ブルーシートなどの上に置くのがいいでしょう。

「ぜんぶ出し」をすると、もう後戻りできませんから、「やるっきゃない!」と片づけのモチベーションがグングン上がります。だから大掃除には大のオススメ。

◆「保留ボックス」で断捨離の迷いが激減!

 そしてもうひとつのメソッドが「保留ボックス」。「保留」と聞くと、なんだかのろのろした印象がありますが、実は「保留ボックス」こそ、片づけを鬼速で終わらせるための最重要メソッド!

 やり方は超簡単。まず、ダンボールを用意しましょう。使い古した、汚いダンボールが最適です。そこに、黒マジックで大きく「保留」と書いてください。これで完成です。

 使い方はもっと簡単。ぜんぶ出しした物を一つずつ手にとって、「必要(その場に残す)」「不必要(ゴミ袋へ)」「迷う(保留ボックスへ)」の三択でジャッジしていきます。ジャッジの時間は5秒。5秒で判断できなかったものは、即座に保留ボックスの中に入れていきます。すると、作業中に迷う時間がなくなり、片づけスピードが格段にアップするんです。

 片づけに時間がかかってしまう理由のほとんどは、「迷い」。「鬼速片づけ」は、保留ボックスによって「迷いを捨てる」ことができるため、がんばらなくても悩まなくても、誰でも簡単に片づけを成功させられるのです。

 保留ボックスのすごさは、まだあります。三択ジャッジを終えたら、必要な物は元のクローゼットに戻しましょう。すると、収納にこだわらなくても、服が減ってクローゼットはスッキリ!

 保留ボックスは、リビングの目立つ場所に放置してください。たいてい2、3日もすると、保留ボックスが邪魔になってきて、捨てたくなってきます。片づけ中に「迷った物」である時点で、実はあなたの今の生活に必要ない物であることがほとんどなのです。それでも、やっぱり捨てたくないと思ったら、クローゼットに戻せばいいだけ。「あのとき捨てなきゃよかった」という事態も回避できます。

 このように「鬼速片づけ」は、「保留」という新たな判断軸を設けることで、迷うヒマを与えず、片づけスピードを最速にするメソッド。片づけ中にテンポのいい音楽を流して、そのリズムにのりながら、「いる♪」「いらない♪」「保留♪」とサクサク三択のジャッジをするのもオススメです。ノリノリになりすぎて、必要な物まで捨ててしまわないようご注意を(笑)。

 平成最後の大掃除。「鬼速片づけ」で部屋をキレイにし、新鮮な気持ちで新しい年を迎えてはいかがでしょうか。

<写真・文/整理収納アドバイザー・生き方スタイリスト 吉川永里子>

あまり良くないレビューや悪評とかって
それが本当かどうか、ちょっとよくわかりません。

出典元:保留ボックス

整理収納アドバイザー・生き方スタイリストの吉川永里子です。今年もあっという間に年末が近づいてきました。何かと忙しくなるこの時期、大掃除が悩みの種の方も多いでしょう。でも今年は「平成最後の年末」だと思うと、部屋の中をスッキリ爽快にしてから年越ししたいですよね。

⇒【写真】「鬼速片づけ」前後の部屋

 私は今でこそ、整理収納アドバイザーを名乗っていますが、実は「元・片づけられない女」でした。だから片づけが苦手な人の気持ちがすごいわかるんです。そもそも「めんどくさい!」ですし、本を読んでやり方を勉強しても、「いろいろ覚えるの、めんどくさい!」となってしまいます。そんな私が、どんなにズボラな人でも家を最短時間でスッキリさせる方法、として考え出したのが「鬼速片付け」なんです。

 鬼速片づけのポイントは、たった2つ。「ぜんぶ出し」と「保留ボックス」だけ。この2つのメソッドを実践するだけで、誰でもてっとり早く片づけを終わらせることができます。さっそくそれぞれ紹介しましょう。

◆「ぜんぶ出し」で部屋がスイスイ片付く

「ぜんぶ出し」とは、文字どおり、片づける場所の物をぜんぶ出してしまうことです。たとえば、グローゼットを片づけようというとき、その場で片づけようとせず、いったんクローゼットの中身をぜんぶ床に広げます。スペースがなければリビングなどで、服が汚れないように、ブルーシートなどの上に置くのがいいでしょう。

「ぜんぶ出し」をすると、もう後戻りできませんから、「やるっきゃない!」と片づけのモチベーションがグングン上がります。だから大掃除には大のオススメ。

◆「保留ボックス」で断捨離の迷いが激減!

 そしてもうひとつのメソッドが「保留ボックス」。「保留」と聞くと、なんだかのろのろした印象がありますが、実は「保留ボックス」こそ、片づけを鬼速で終わらせるための最重要メソッド!

 やり方は超簡単。まず、ダンボールを用意しましょう。使い古した、汚いダンボールが最適です。そこに、黒マジックで大きく「保留」と書いてください。これで完成です。

 使い方はもっと簡単。ぜんぶ出しした物を一つずつ手にとって、「必要(その場に残す)」「不必要(ゴミ袋へ)」「迷う(保留ボックスへ)」の三択でジャッジしていきます。ジャッジの時間は5秒。5秒で判断できなかったものは、即座に保留ボックスの中に入れていきます。すると、作業中に迷う時間がなくなり、片づけスピードが格段にアップするんです。

 片づけに時間がかかってしまう理由のほとんどは、「迷い」。「鬼速片づけ」は、保留ボックスによって「迷いを捨てる」ことができるため、がんばらなくても悩まなくても、誰でも簡単に片づけを成功させられるのです。

 保留ボックスのすごさは、まだあります。三択ジャッジを終えたら、必要な物は元のクローゼットに戻しましょう。すると、収納にこだわらなくても、服が減ってクローゼットはスッキリ!

 保留ボックスは、リビングの目立つ場所に放置してください。たいてい2、3日もすると、保留ボックスが邪魔になってきて、捨てたくなってきます。片づけ中に「迷った物」である時点で、実はあなたの今の生活に必要ない物であることがほとんどなのです。それでも、やっぱり捨てたくないと思ったら、クローゼットに戻せばいいだけ。「あのとき捨てなきゃよかった」という事態も回避できます。

 このように「鬼速片づけ」は、「保留」という新たな判断軸を設けることで、迷うヒマを与えず、片づけスピードを最速にするメソッド。片づけ中にテンポのいい音楽を流して、そのリズムにのりながら、「いる♪」「いらない♪」「保留♪」とサクサク三択のジャッジをするのもオススメです。ノリノリになりすぎて、必要な物まで捨ててしまわないようご注意を(笑)。

 平成最後の大掃除。「鬼速片づけ」で部屋をキレイにし、新鮮な気持ちで新しい年を迎えてはいかがでしょうか。

<写真・文/整理収納アドバイザー・生き方スタイリスト 吉川永里子>

ネットの評判や噂って
実際のところどうなんだろう?

正直、ノウハウに興味あるから気になります。

わたしが気になっているのはコレ・・・

こんなに簡単に効果がでるんなら
すぐにでもやってみたい気がするんですよね。

評判や口コミどおりに効果あるなら
嬉しいけど・・・。