マリー インスピレーションタロット 2017年8月全体、恋愛、仕事、お金、家庭の効果が気になる!体験ブログの口コミ

勝 俊輔さんが出してるマリー インスピレーションタロット 2017年8月全体、恋愛、仕事、お金、家庭が注目されてて
私も気になってます。(^^)ゞ

ただ、ちょっと口コミとかが
ヤラセっぽく感じるくらい大げさなような・・・

出典元:(女子SPA!)

こんにちは。ビューティーフードアドバイザーの高木沙織です。

「鍋ダイエットで痩せた」「鍋ならヘルシーだから安心」。鍋に対してこのように思っている人は少なくないでしょう。でも、それは出汁やスープ、入れる具材次第なのです。

 味の濃い味噌鍋やキムチ鍋は食欲をそそるし、洋風のスープを使った鍋はハイカロリー。鍋の具材の定番である脂身のついた肉・魚、乾燥麺、練り物も高カロリーなので注意が必要です。

 そこで今回は、鍋の季節を前に覚えておきたい、ダイエットの味方になってくれる“痩せ鍋”の作り方を紹介したいと思います。

◆出汁は昆布で旨味を活かす

 まず最初に鍋の味を決めますよね。最近では、トマト鍋やカレー鍋、チーズ鍋などそそられる鍋がいろいろとありますが、“痩せ鍋”の場合は昆布で出汁を取ることをオススメします。

 なぜなら、ジャパニーズスーパーフードである昆布は、旨味の宝庫だから。旨味は、甘味・塩味・酸味・苦味に次ぐ第五の味覚として国内だけでなく、海外からも注目されており、ヘルシーながら深い味わいを得ることができ、「食べたい気持ち」を自然と満たしてくれるとも言われています。

◆野菜やキノコ類は煮込みすぎないように

 野菜やキノコ類は、低カロリーで食物繊維が豊富。どんどん鍋に入れていただきたいのですが、ここでおさえておきたいポイントは、「煮込みすぎない」ということ。

 野菜は歯ごたえがなくなり、キノコ類は出汁に溶け出たほかの食材の脂などを吸ってしまいます。

 鍋というと、野菜をドサッと一気に入れてグツグツ煮込む人が多いですが、あえて硬さを残すために、少量ずつ投入してみてはいかがでしょうか。特に、火が通りやすい白菜のような葉物野菜は早めに皿に移して。

◆麺系は糸こんにゃくで

 くずきりや芋類でできた乾燥麺。中華麺やうどんと比べるとヘルシーだと思われがちですが、でんぷんで作られているためカロリーは高めです。

 麺系のものを入れたい人は、これらではなくて糸こんにゃくを加えてみて。原材料がこんにゃくなので低カロリー。それでいて噛み応えもあり、満足感を得やすいでしょう。「日本食品標準成分表2015年版(七訂)」によると、精粉こんにゃく可食部100gあたりのカロリーは5kcalと非常に低カロリー。これは、活用しない手はありませんよね。

 加えて、不溶性食物繊維が豊富で腸内をきれいにしてくれたり、カルシウムが豊富だったりと、不足しがちな栄養素の摂取にも適していますよ。

===

 昆布で出汁を取り、具材は硬め。なるべく低カロリーな食材を入れて、それをポン酢で食べる。“痩せ鍋”の簡単なルールは以上です。

 自宅で作るときだけでなく、外食時の参考にできる項目ばかりなので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【参考】

日本食品標準成分表2015年版(七訂)

<文/高木沙織>

【高木沙織】

美容ライター/ヨガインストラクター/ビューティーフードアドバイザー/スーパーフードマイスター。多角的に美容・健康をサポートする活動を行っている。過去には『AneCan』『Oggi』の読者モデル、ファッションモデル、ナレーター等も経験。Blog:http://ameblo.jp/0293tg/

Instagram:saori_takagi

【悩み】が本当に解決できるなら
やっぱり気になるし、やってみたいなあ。

わたしが気になっているのはコレ・・・

こういう時は
体験ブログの口コミを参考にするのがベスト!ですよね

あまり悪い評判もないみたい
効果がでている人もいそうだから
やってみてもいいかもしれないな~