吉田 博彦の【横浜】ブライダル・カメラマン養成講座:ウエディングフォトグラファーに必要な知識を学ぶ。5月コースは効果なし?内容暴露

吉田 博彦さんの
【横浜】ブライダル・カメラマン養成講座:ウエディングフォトグラファーに必要な知識を学ぶ。5月コースは有名ですよね★

出典元:カルチャー・ヴィジョン・ジャパンとライゾマティクスが、東京・新宿御苑で光と音によるインスタレーションを展示する回遊イベントを開催した

カルチャー・ヴィジョン・ジャパンとライゾマティクスが、東京・新宿御苑で光と音によるインスタレーションを展示する回遊イベントを開催した。通常は夜に立ち入れない新宿御苑の約2キロのコースに8つの通過型インスタレーションが設置され、来場者約6000人が歩きながら “文化”と“運動”が融合したアート空間を体感した。

【関連画像】「Entrance of The Forest」は空と自分の間にもうひとつの空ができたような不思議な感覚になる

 「GYOEN NIGHT ART WALK 新宿御苑 夜歩(よあるき)」は、両社で作った「新宿御苑・OPEN PARKプロジェクト委員会」が主催。内閣官房東京オリンピック・パラリンピック推進本部事務局の委託で2018年10月12日に実施した。オリンピック、パラリンピックが開催される2020年への機運醸成を狙い、伝統芸術や現代舞台芸術、最先端技術を使ったアートなどのコンテンツ、和食や日本酒といった食文化を扱うイベントを実施し、その効果と課題を分析する。

 総合プロデューサーは、クリエイターと産業・行政・学術をつなぐプラットフォームとして機能することを目的に活動するCVJ代表理事の井上智治氏、総合ディレクターはテクノロジーとアートの融合によるクリエイションを得意とする、ライゾマティクス社長の齋藤精一氏が務めた。

 翌10月13日には、ナイキジャパン協賛の下、内容や演出を一部変更し、インスタレーションの中を“走る”スポーツイベントを実施した。

 園内に広がる、自然と光・音が融合したランドスケープアートインスタレーション。このアイデアは、どのようにして生まれたのだろうか。

 齋藤氏は「新宿御苑は夜間解放していないから街灯がない。これだけブラックアウトした場所が東京のど真ん中にあるというのは我々表現するものからすると奇跡。せっかく暗いなら、それを生かそうと思った。さらにオリパラ調査事業という点から“運動”を絡ませて回遊性につながった」と話す。

口コミとかで
いろいろな意見の書込みがあるけど
実際は【効果なし】なの?

わたしが気になっているのはコレ・・・

何でも個人差はあるから仕方ないんですけどね

ほとんど全員が【効果あり】みたいに書かれてるのが
ちょっと怪しい気もすんですけど・・・

でもちょっと期待もしてしまいますよね

やってみようか・・・悩むな~