キャバ嬢口説きのストラテジー -メール・LINE激情編-の効果は?厳しいレビュー

ここ最近、すいぶん話題になっている

株式会社YOROIの
キャバ嬢口説きのストラテジー -メール・LINE激情編-が、
とても気になっているんですよね。

出典元:アディダスが発表した3Dプリントのミッドソールはどこが画期的なのか。さらに、機能として既存のミッドソールと何が違うのか。

靴のソールもカスタマイズの時代か――。アディダスが2018年11月17日、3Dプリント技術を活用して作られたミッドソール「アディダス4D」を採用したシューズ「アルファエッジ 4D」を発売する。

【関連画像】今回のミッドソールの製造を可能にしたカーボン社の3Dプリンター

 アディダスが3Dプリント技術として採用したデジタルライト合成テクノロジーは、アディダスと2017年4月にパートナーシップを結んだ米国ベンチャー・カーボン社が開発した技術。光と酸素を制御して部品を製造するCLIP(Continuous Liquid Interface Production)という光反応プロセス技術などによって、高性能で耐久性のある製品・部品を作ることができるのだという。

 アディダス 4Dはアディダスが蓄積してきたアスリートデータの分析結果を基にしており、使用している樹脂は、アディダスとカーボン社がシューズ用に新たに開発したもの。その製造工程や機能性は既存のシューズと大きく異なり、「アディダス4Dを搭載したアルファエッジ 4Dは、スポーツ業界、シューズ業界において1つのターニングポイントになる存在」とアディダス ジャパン副社長 マーケティング事業本部長のトーマス・サイラー氏は胸を張る。

 どこが画期的なのか。

 まずシューズパーツの最終製品をデジタル製造できるようになり、試作品や金型成型を行う必要がなくなった。これにより、製造スピードが圧倒的に短縮されたという。「従来の3Dプリンティング技術は試作品を作るのがメインだったが、デジタルライト合成テクノロジーは初めから最終製品用パーツと同じものを作ることができる」(カーボン社担当者)。

 シューズメーカーは最終製品レベルのパーツで何度もテストを繰り返せるわけだ。アディダス 4Dを開発する際も、アスリートから採取したデータを基に3Dプリンティングで50回以上もパーツを作り、細かな調整を行ったという。金型が必要なもので同じことをやろうとすれば、時間もコストも莫大なものになってしまうだろう。今までよりも短期間で、緻密なものづくりができるようになったということだ。

本当にあんなに効果が出るんなら嬉しいんだけど、
(ちょっと現実離れした)
インチキ商品のような疑惑を感じるのも普通だよね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

実践者の暴露レビューとかを参考にして
購入するかどうか決めようと思って

ネットで色々調べたら
そんなに悪い評判や口コミが無いんですよ。

サポートもしっかりしてる★と評判が良さそう

どうしよう・・・これはGO!かな?