半間 久子の金井式スピーチ瞬間記憶術セミナーDVD(3巻セット)/あがり症対策・コミュニケーションスキル向上 怪しい噂!実践者のリアルな口コミ

半間 久子の
金井式スピーチ瞬間記憶術セミナーDVD(3巻セット)/あがり症対策・コミュニケーションスキル向上について
ネット上では【怪しい噂】もあるみたい

実際のところどうなんでしょう?

出典元:(女子SPA!)

柔道整復師でパーソナルトレーナーのヒラガコージです。

 11月後半、気温もぐっと下がってきましたね。寒くなると、睡眠の質も低くなっていきます。

⇒【写真】快眠エクササイズ

 睡眠の質は身体の疲れはもちろんのこと、肌やボディラインなど美容にも大きな影響をもたらすため、とても重要です。今回はぐっすりと睡眠ができるような快眠エクササイズをご紹介します。

◆快眠に必要なのは“熱を逃がす”こと

 質の良い睡眠をとるために良い音楽を流したり、アロマを焚いたりとさまざまな工夫が知られていますが、その中でもオススメなのは体内の熱をコントロールすることです。

 体温には「身体の中心の温度」と「身体の末端の温度」の二つがあります。ふだん、体温計で測っているのは末端の温度になります。睡眠時には脳などの神経と内臓を休ませるため、中心の温度が下がります。逆を言えば、中心の熱が下がらず高いままだと深い眠りにはなかなか落ちにくいのです。

 では体の中心の熱を下げるために体はどのようなことをしているのか。それは熱のコントロールに大きく影響している血液を循環させ、熱を体表から体外へ逃がしています。つまり、エクササイズによって血液を体内で回し、身体の中心に溜まった熱を体の外へ逃がすことで、良い睡眠に近づけることができます。

◆ぐっすり寝たければ“ふくらはぎ”を使え!

 それには、「ふくらはぎ」を使うことが効率的です。ふくらはぎは「第二の心臓」と呼ばれ、血液を体の中を巡らせるためのポンプの役割を持っています。

 ふくらはぎの筋肉は伸び縮みを繰り返すことで心臓から送られてきた血液を心臓に向かって送り返します。ヒールのある靴を履くことが多い現代の女性は足首を固定した状態で生活しているため、足首を動かすはずのふくらはぎの筋肉が働かず、血液が停滞しやすく、熱がたまりやすいのです。

 安眠、快眠を目指すためには「ふくらはぎ」を使いましょう!

◆ふくらはぎのエクササイズ

1. 足首が自由に動く状態(裸足、ランニングシューズなど)になります。

2. 直立したら爪先立ちとかかと立ちを交互に繰り返します。

3. この時、なるべく身体が“くの字”のように傾かないよう気をつけましょう。

 つま先・かかとを1セットで10~15回程度繰り返してください。睡眠時間の30分から1時間前に行うのが理想的。

 エクササイズ自体はとてもシンプルですが、じっくり行うとふくらはぎやスネの筋肉が疲れたような感覚を受けるはずです。焦らずに関節の動く範囲で目一杯を行うことがポイントです。

 この秋は簡単なエクササイズで快眠生活を手に入れてください。

<文/ヒラガコージ>

【ヒラガコージ】

柔道整復師/パーソナルトレーナー。スポーツクラブでインストラクターとして指導をし、現在は医療国家資格である柔道整復師の知識を生かした身体機能の改善からダイエットまで幅広いクライアントを担当するフリーランスのパーソナルトレーナーとして活動中。

【どんなタイプでも解決できる】みたいに言ってるのが
ちょっと【インチキくさい】感じがするのよね

わたしが気になっているのはコレ・・・

よく公式サイトとかに出ているモニターさんって
成功したから、代表例として出演しているわけで・・・
全員が【必ず】成功するとは限らないよね。

かといって
実践者のリアルな口コミを読んでると
かなり高い効果を実感できるみたいだよね。

信じて、試してみようかな