毎日が給料日!?完全自動競馬投資ソフト 合成オッズ南関競馬版!安心楽々無期限サポート付き!(佐藤 俊祐)の悪評のレビューあり?

毎日が給料日!?完全自動競馬投資ソフト 合成オッズ南関競馬版!安心楽々無期限サポート付き!を販売している
佐藤 俊祐さん・・・

注目度が高い分、いろいろな噂もあるよね。

出典元:Getty Images

世界で最も注目される英国ロイヤルファミリー。特に、ウィリアム王子&キャサリン妃とヘンリー王子&メーガン妃の両カップルは群を抜いて人気。彼らの一挙手一投足に人々の関心が集まり、もはやその名を知らない人はいないのではないでしょうか。そして、そんな有名人の安全を毎日守るのに欠かせない存在なのが、ボディガード。<Marie Claire>によれば、ロイヤルファミリーの警護に当たるボディガード達は、専用のコードネームを使って熱狂的なファンや暗殺者を撹乱させているのだとか。

【写真】意外と知らない!?英国王室の絶対ルール25

<Daily Mail>によると、ウィリアム王子&キャサリン妃には「ダニー・コリンズ」と「ダフネ・クラーク」、ヘンリー王子&メーガン妃には「デヴィッド・スティーヴンス」と「デイビーナ・スコット」というコードネームが使われているそう。なんとも地味な名前ですが、暗号の役目はしっかり果たしてくれそう!? ちなみにこれらの名前は、それぞれの公爵名の頭文字から取っているとのこと。ウィリアム王子&キャサリン妃は、ケンブリッジ公爵夫妻(Duke & Duchess of Cambridge)なので、頭文字を取ってイニシャルが「DC」となるコードネームが採用されており、ヘンリー王子&メーガン妃は、サセックス公爵夫妻(Duke & Duchess of Sussex)なので、イニシャルが「DS」ということに。戦時中のコードネームのように複雑ではないけれど、セキュリティ対策としては十分なのだとか。

同誌によると、これらのコードネームはロイヤルファミリーの関係者が万が一携帯電話を失くしたり、盗まれたりしたときに、連絡先がバレるのを防ぐためにも使われているそう。つまり、もしキャサリン妃の番号が入った携帯を拾っても、ロイヤルファミリーの名前は連絡先には登録されていないということ。このように、紛失した携帯が悪用されるのを防ぐためにもコードネームが役立っているそうです。

とはいえ、残念ながら「デイビーナ・スコット」という名前が聞こえるまでロンドンを歩き回っても、無駄足となりそう。なぜならコードネームは、ロイヤルファミリーのセキュリティを担保するために定期的に変更されているから。

まるでスパイ映画のようでワクワクする話ですが、ここまで警護を徹底しなければならない王室メンバーの生活は…やっぱり大変そうですね。

※この翻訳は抄訳です。

あまり良くないレビューや悪評とかって
それが本当かどうか、ちょっとよくわかりません。

出典元:Getty Images

世界で最も注目される英国ロイヤルファミリー。特に、ウィリアム王子&キャサリン妃とヘンリー王子&メーガン妃の両カップルは群を抜いて人気。彼らの一挙手一投足に人々の関心が集まり、もはやその名を知らない人はいないのではないでしょうか。そして、そんな有名人の安全を毎日守るのに欠かせない存在なのが、ボディガード。<Marie Claire>によれば、ロイヤルファミリーの警護に当たるボディガード達は、専用のコードネームを使って熱狂的なファンや暗殺者を撹乱させているのだとか。

【写真】意外と知らない!?英国王室の絶対ルール25

<Daily Mail>によると、ウィリアム王子&キャサリン妃には「ダニー・コリンズ」と「ダフネ・クラーク」、ヘンリー王子&メーガン妃には「デヴィッド・スティーヴンス」と「デイビーナ・スコット」というコードネームが使われているそう。なんとも地味な名前ですが、暗号の役目はしっかり果たしてくれそう!? ちなみにこれらの名前は、それぞれの公爵名の頭文字から取っているとのこと。ウィリアム王子&キャサリン妃は、ケンブリッジ公爵夫妻(Duke & Duchess of Cambridge)なので、頭文字を取ってイニシャルが「DC」となるコードネームが採用されており、ヘンリー王子&メーガン妃は、サセックス公爵夫妻(Duke & Duchess of Sussex)なので、イニシャルが「DS」ということに。戦時中のコードネームのように複雑ではないけれど、セキュリティ対策としては十分なのだとか。

同誌によると、これらのコードネームはロイヤルファミリーの関係者が万が一携帯電話を失くしたり、盗まれたりしたときに、連絡先がバレるのを防ぐためにも使われているそう。つまり、もしキャサリン妃の番号が入った携帯を拾っても、ロイヤルファミリーの名前は連絡先には登録されていないということ。このように、紛失した携帯が悪用されるのを防ぐためにもコードネームが役立っているそうです。

とはいえ、残念ながら「デイビーナ・スコット」という名前が聞こえるまでロンドンを歩き回っても、無駄足となりそう。なぜならコードネームは、ロイヤルファミリーのセキュリティを担保するために定期的に変更されているから。

まるでスパイ映画のようでワクワクする話ですが、ここまで警護を徹底しなければならない王室メンバーの生活は…やっぱり大変そうですね。

※この翻訳は抄訳です。

ネットの評判や噂って
実際のところどうなんだろう?

正直、ノウハウに興味あるから気になります。

わたしが気になっているのはコレ・・・

こんなに簡単に効果がでるんなら
すぐにでもやってみたい気がするんですよね。

評判や口コミどおりに効果あるなら
嬉しいけど・・・。