Master of Trend Affiliateのネタバレと体験談

桐生 奨太の
Master of Trend Affiliateが気になってます。

公式サイトを読んでも
大事な部分がよくわからないから・・・
もっと詳しく知りたいと思っちゃうよ。もー

出典元:日本のポップス界で1970年代から音楽活動をしているベーシスト・音楽プロデューサーの吉田建さん。年齢を重ねてたどり着いたのはまさかのイージーリスニングだった。その理由とは?

日本のポップス界で1970年代から音楽活動をしているベーシスト・音楽プロデューサーの吉田建さん。これまで関わってきたアーティストは、ナイアガラ・トライアングル、沢田研二、氷室京介、ウルフルズ、吉田拓郎など数知れず。2004年からはKinKi Kidsのバンドマスターとして、ツアーやミュージックビデオ、音楽番組などに参加し、今や彼らの楽曲には欠かせない存在だ。
 ※記事下の【関連記事】から日経トレンディネットの人気関連記事をお読みいただけます

【関連画像】『Cheers!』のレコーディング風景

 そんな吉田さんが2018年11月、THE STELLAR NIGHTS GRAND ORCHESTRA(ザ・ステラ・ナイツ・グランド・オーケストラ~星降る夜はオーケストラ~)名義でミニアルバム『Cheers!』をリリースした。

 同作は、オーケストラとバンドが合体して奏でる「イージーリスニング」。軽快なリズムに乗ったストリングスの優美な音色が特徴で、いわゆる「BGM」として日本でも古くから親しまれているジャンルだ。JR東海の「そうだ 京都、行こう。」CMで流れるあのBGMがそれ、と言えばピンとくる人も多いだろう。

 吉田さんの『Cheers!』には、そのCM曲として知っている人も多い『私のお気に入り』や、ジャズのスタンダードナンバー『二人でお茶を』など、リアレンジした往年の名曲とオリジナルの全5曲が収録されている。

 …しかし、だ。

 様々なジャンルをやってきたバンドマンとはいえ、「イージーリスニング」というのは、あまりに意外すぎた。

 かつては『三宅裕司のいかすバンド天国』のコワモテ審査員としても名を馳せた吉田さんが、どうしてこのジャンルに行き着いたのか。きっかけや思いをじっくり聞いてみた。

ネタバレ記事を見つける為に
ネットで検索してみたら
実践者の体験ブログがあった★。

わたしが気になっているのはコレ・・・

『書いてある通りに正しく実践すれば効果あり?』

何でもそうだろうけど【継続する】のが大変なんだよね。

私みたいな
飽きっぽいタイプの人でもできるかな?

本当に効果がでるなら
頑張ってみたい気もするな。