【新】新古本せどりマニュアル(古道 和俊)の悪評のレビューあり?

【新】新古本せどりマニュアルを販売している
古道 和俊さん・・・

注目度が高い分、いろいろな噂もあるよね。

出典元:Twitter / @StanfordChild

ヴィルマ・ウォンさんは、米カリフォルニア州にあるルシール・パッカード小児病院の新生児集中治療室で働く看護師。長年子どもたちのために力を尽くしてきた彼女が、思いがけない“ご褒美”をもらったという感動的な実話を、コスモポリタン アメリカ版からお届けします。

ウォンさんがブランドン・セミナトーレさんの存在に気づいたのは、彼が看護服に身を包み、未熟児を抱きながら保育器の中を見つめていたとき。その日初めて会う同僚の彼に話しかけたウォンさんは、その名前に聞き覚えがあると思ったのだとか。

「私は彼がどこから来たのかと詳しく聞きました。すると、彼はカルフォルニアのサン・ホセ出身だと語り、さらに深く聞いていくと、彼は私たちの病院で産まれた未熟児の赤ちゃんだとわかったんです」と<マーキュリー・ニュース>に語ったウォンさん。「もしかしたら、と思いました。同じ名字の赤ちゃんを担当したことを覚えていましたから」。

そこで、ブランドンさんに、お父さんは警察官ではないかと尋ねたというウォンさん。「大きな沈黙の後で、彼は私に『あなたはヴィルマですか?』と聞きました」。

28年前にこの病院で未熟児として生まれたブランドンさん。その時にお世話になったウォンさんに、ついに同僚として再会することになったのだとか。1990年4月に、緊急帝王切開の末、わずか2ポンド6オンス(約1,077グラム)で生まれたブランドンさんは、これだけの歳月が経ってもなお、ウォンさんが自分を覚えていてくれたことが信じられなかったそう。

「ヴィルマに会うのは、夢のような経験でした」とブランドンさん。「彼女は患者を愛情深くケアするので、30年近く経った後でも、患者の名前を覚えていられるんですね」。

ブランドンさんの母であるローラ・セミナトーレさんは、息子がこの新生児集中治療室で勤務することになったときに、ウォンさんについて聞いてみるよう強く勧めていたのだとか。「彼女たちは本当に素晴らしい看護師でした。私たちの恐怖をずいぶん静めてくれました」と、ローラさん。

実は、これまでにもウォンさんを探す努力をしていたというセミナトーレ家の人々。ブランドンさんが11歳か12歳になるまで、毎年行われる新生児集中治療室の同窓会に通っていたのだとか。そこでは結局ウォンさんに会えなかったけれど、同僚として今年ようやく再会を果たすことに。

<マーキュリー・ニュース>に対し、健康な大人に成長したブランドンさんに再会できたことは“喜び”だと話したウォンさん。「看護師にとって、これはご褒美のようなものです」と語ったそうです。

※この翻訳は、抄訳です。

あまり良くないレビューや悪評とかって
それが本当かどうか、ちょっとよくわかりません。

出典元:Twitter / @StanfordChild

ヴィルマ・ウォンさんは、米カリフォルニア州にあるルシール・パッカード小児病院の新生児集中治療室で働く看護師。長年子どもたちのために力を尽くしてきた彼女が、思いがけない“ご褒美”をもらったという感動的な実話を、コスモポリタン アメリカ版からお届けします。

ウォンさんがブランドン・セミナトーレさんの存在に気づいたのは、彼が看護服に身を包み、未熟児を抱きながら保育器の中を見つめていたとき。その日初めて会う同僚の彼に話しかけたウォンさんは、その名前に聞き覚えがあると思ったのだとか。

「私は彼がどこから来たのかと詳しく聞きました。すると、彼はカルフォルニアのサン・ホセ出身だと語り、さらに深く聞いていくと、彼は私たちの病院で産まれた未熟児の赤ちゃんだとわかったんです」と<マーキュリー・ニュース>に語ったウォンさん。「もしかしたら、と思いました。同じ名字の赤ちゃんを担当したことを覚えていましたから」。

そこで、ブランドンさんに、お父さんは警察官ではないかと尋ねたというウォンさん。「大きな沈黙の後で、彼は私に『あなたはヴィルマですか?』と聞きました」。

28年前にこの病院で未熟児として生まれたブランドンさん。その時にお世話になったウォンさんに、ついに同僚として再会することになったのだとか。1990年4月に、緊急帝王切開の末、わずか2ポンド6オンス(約1,077グラム)で生まれたブランドンさんは、これだけの歳月が経ってもなお、ウォンさんが自分を覚えていてくれたことが信じられなかったそう。

「ヴィルマに会うのは、夢のような経験でした」とブランドンさん。「彼女は患者を愛情深くケアするので、30年近く経った後でも、患者の名前を覚えていられるんですね」。

ブランドンさんの母であるローラ・セミナトーレさんは、息子がこの新生児集中治療室で勤務することになったときに、ウォンさんについて聞いてみるよう強く勧めていたのだとか。「彼女たちは本当に素晴らしい看護師でした。私たちの恐怖をずいぶん静めてくれました」と、ローラさん。

実は、これまでにもウォンさんを探す努力をしていたというセミナトーレ家の人々。ブランドンさんが11歳か12歳になるまで、毎年行われる新生児集中治療室の同窓会に通っていたのだとか。そこでは結局ウォンさんに会えなかったけれど、同僚として今年ようやく再会を果たすことに。

<マーキュリー・ニュース>に対し、健康な大人に成長したブランドンさんに再会できたことは“喜び”だと話したウォンさん。「看護師にとって、これはご褒美のようなものです」と語ったそうです。

※この翻訳は、抄訳です。

ネットの評判や噂って
実際のところどうなんだろう?

正直、ノウハウに興味あるから気になります。

わたしが気になっているのはコレ・・・

こんなに簡単に効果がでるんなら
すぐにでもやってみたい気がするんですよね。

評判や口コミどおりに効果あるなら
嬉しいけど・・・。