吉崎 佐次郎のボルマン理論FX~億トレーダーへの道◆秒速スキャルピングツールの最終兵器【Hyper Click Billionaire Scalping 】SP(スペシャルバージョン)◆ 怪しい噂!実践者のリアルな口コミ

吉崎 佐次郎の
ボルマン理論FX~億トレーダーへの道◆秒速スキャルピングツールの最終兵器【Hyper Click Billionaire Scalping 】SP(スペシャルバージョン)◆について
ネット上では【怪しい噂】もあるみたい

実際のところどうなんでしょう?

出典元:「人生を左右する大波」を予知するために、「違和感」の捕捉感度を高めよう

仕事をしていると、好不調の波を必ず感じるものだと指摘するのは、東大教授にして「失敗学」の権威である『失敗の研究』(中尾政之著、WAVE出版)の著者。

【画像】「人生を左右する大波」を予知するために、「違和感」の捕捉感度を高めよう

そして重要なのは、10年に1度程度の頻度で、人生を左右するような“大波”がやってくること。その大波は最下点においては致死的な事故をもたらし、最上点では画期的な発明をもたらしたりもするものだといいます。

しかも人間は、そうした運命の“大波”に対して無力で、その動きに抗えない存在。時間の大海原の上に、浮き輪につかまりながらプカプカ漂っているようなものだということ。

けれどしっかり目を開けていれば、やがてはまわりに陸の景色が見えてくるのも事実。陸の灯台を自分の座標の固定点に設定すれば、自分と一緒に上下に揺れる波の動きを、三半規管と視覚によって感じ取れるようになるのだそうです。

著者によれば、このときの上下の運動感こそ、“大波”の襲来を予知するアラーム。第六感のセンサーが、場の変化をとらえて出力した「微弱信号」だというのです。

それは、「違和感」「直感」「ヒラメキ」「天啓」「気づき」「天の声」などと言い換えることも可能。いずれにしても、なにかしらの場の変化が生じ、それを知覚したということ。

自分のアンテナを立てていれば、微弱信号がとらえられる。その時点で、脳の回転数を上昇させて「リスクから我先に逃げるか」または「チャンスにいちばん乗りで飛び込むのか」を、自分の覚悟で決めればいい。(「はじめに」より)

微弱信号は、なにげなく読んでいる新聞や、なにげなく聞いているテレビニュースのなかにも含まれているもの。そこで立ち止まって、その微弱信号を起点として記憶を総動員させ、“連想ゲーム”のようにストーリーを考えることこそが重要だということです。

とはいえ、そんな微弱信号を簡単にとらえることのできる感度の高い人もいれば、いつまでたってもとらえられない「違和感不感症」の人もいるはず(先天的な問題)。

さらには、いつもは簡単にとらえられる人も、ある日突然、ネガティブな思いに脳を占領され、まったくとらえられなくなるという異常自体も生じるものだといいます(こちらは後天的な問題)。

だとすれば、どうやって微弱信号の捕捉感度を高めればいいのでしょうか? 第3章「違和感の捕捉感度を高めるメソッド」から、答えを探してみたいと思います。

【どんなタイプでも解決できる】みたいに言ってるのが
ちょっと【インチキくさい】感じがするのよね

わたしが気になっているのはコレ・・・

よく公式サイトとかに出ているモニターさんって
成功したから、代表例として出演しているわけで・・・
全員が【必ず】成功するとは限らないよね。

かといって
実践者のリアルな口コミを読んでると
かなり高い効果を実感できるみたいだよね。

信じて、試してみようかな