株式会社 Good Appealの【楽器セット/ev】たった30分で弾ける初心者向けヴァイオリンレッスンDVD1弾~3弾電子ヴァイオリンセットは効果なし?内容暴露

株式会社 Good Appealさんの
【楽器セット/ev】たった30分で弾ける初心者向けヴァイオリンレッスンDVD1弾~3弾電子ヴァイオリンセットは有名ですよね★

出典元:Photo:Getty Images

先週16日、メーガン妃が2つの公務に登場されました。
まず最初。昼の部はロンドンのMayhew(メイヒュー)をご訪問。
こちらといえば、先日発表されたばかりの、メーガン妃が初めてパトロンとなられたチャリティ団体のうちのひとつ。
1886年に設立され、ロンドンのみならず国際的に動物達の生活を改善し、動物と人間がともに幸福になるべく、地道な活動を続けてきた動物福祉の団体。
メーガン妃は、この団体のことを、昨年秋に何かを読みお知りになり、メイヒューの地域への奉仕活動へも結びついている活動に、共鳴され、プライベートで2度訪問されたのだとか。その結果、最初のパトロネージュのひとつとして、こちらも選ばれたようです。

【写真】メーガン妃 VS キャサリン妃、英国ロイヤルズのマタニティスタイル比較

昨年1年間で、動物保護に関わるケースを約1000件、98匹の犬や380匹の猫たちが新たな家族と出会うこととなったのだそうです。また、セラピー犬がケアハウスなどを訪問するなど、地域と密接に結びついた活動に加え、若者たちへ初めて動物を所有する人たちへ、動物福祉についてやペット所有者としての責任の重要性などについての教育も。
海外で3万2000匹の犬たちに狂犬病の予防接種を受けさせたりと、地域社会だけでなく世界的にも動物医療の予防策ケアなどの、事前対策も行われているそうです。

兼ねてから愛犬家で、故郷LAにお住まいの頃にも動物のレスキューセンターをサポートされたりと動物保護の活動に熱心だったメーガン妃。
ご結婚前のカナダ在住時に一緒に生活をされていた愛犬の2匹といえば、元は保護犬。そのうちの1匹は、ご結婚後はメーガン妃と一緒にロンドンへ移住し、現在ハリー王子と家族の一員として暮らしています。ちなみにもう1匹は、繊細で外国への移動移住が難しく、お知り合いに任せられたと言われています。

この日の滞在中スタッフやボランティアの人たちにお会いになり、動物福祉に関する地域社会での取り組みから世界的なプロジェクトに至る、幅広い活動や新提案についてお聞きになったメーガン妃。

ここで保護をされ元ホームレスだった犬たちにもお会いなったり、一方で病院やケアホームなどを訪問する、”セラパオズ”と称されるセラピー犬にも。
そんな中、どうやらメーガン妃は、保護犬のジャックラッセル犬、ミニーに首ったけだったご様子。
ミニーが保護されるに至ったストーリーについてもお聞きになっていたらしく、生涯の家族を探し求めているミニーのために、もしやメーガン妃夫妻が迎え入れられる可能性も?
まさに好きなことをお仕事に!だからこその嬉しい悩み中、かもしれません。

口コミとかで
いろいろな意見の書込みがあるけど
実際は【効果なし】なの?

わたしが気になっているのはコレ・・・

何でも個人差はあるから仕方ないんですけどね

ほとんど全員が【効果あり】みたいに書かれてるのが
ちょっと怪しい気もすんですけど・・・

でもちょっと期待もしてしまいますよね

やってみようか・・・悩むな~