メインサイト専用リライトツール『メイン・サイト・リライター“MSR”』“マウス操作だけで”、目の前にあるどんな文章もリライトできてしまう新発想のリライトツールが【あの掲示板】で話題に!評判や口コミは真実なの?

株式会社MSRさんが販売しているメインサイト専用リライトツール『メイン・サイト・リライター“MSR”』“マウス操作だけで”、目の前にあるどんな文章もリライトできてしまう新発想のリライトツールが
あの掲示板とかの板で騒がれてるみたいだよ

それだけ注目されてるというのは事実だよね

出典元:(女子SPA!)

小さな部屋に7年ものあいだ監禁された母親と息子の生きざまを描いた映画『ルーム』。この映画で、性的暴行によって生まれた息子に愛情を注ぎ、「部屋」の中しか知らない息子のために脱出を決意する母親を演じたブリー・ラーソン。

 監禁下に置かれた主人公をリアルに演じるため、太陽を浴びないようにするなど、徹底的な役作りをしたといわれている。そんなブリーが、今回は重量5000ポンド(約2268キロ)相当のジープを生身で押す動画を公開し、話題となっている。エレガントな美人女優が、一体なぜそんな力技に挑んだのだろうか?

 日本でも3月15日から全国公開される映画『キャプテン・マーベル』の撮影に向けて強化トレーニングに励んでいたというブリー。今回公開した荒行は、彼女の強靭さを計るテストの一環として行われたそうだ。

 ブリーは12日(火)にインスタグラムに動画を投稿し、こうキャプションを添えている。

「トレーニングのハイライト。(ガソリン満タンの)約5000ポンドのジープを1分間押したの。『キャプテン・マーベル』仕様のナイキのメトコンを履いてね! 力強い雰囲気だけど、気に入ってる」

 そんなブリーは以前、体育会系ではなかったものの、マーベル初の女性ヒーローであるキャプテン・マーベルを演じるにあたって、9か月に及ぶトレーニングをこなしたことで筋肉がついたと明かしていた。

 ブリーはトーク番組『エレンの部屋』に出演した際、こう話していた。

「体育会系でいるのが新鮮なの。全然アスリートじゃなかったから。私って『この水を開けてもらえるかしら?』って言うタイプだったの。で、1年前に筋力がついたのよ」

「9か月トレーニングに励んだおかげで、信じられないようなことができるようになったの。(トレーニングが)終わる頃には225ポンド(約102キロ)の重量上げができるようになったわ。キャプテン・マーベルは星を動かすことができるから、(トレーナーのジェイソン・ウォルシュに)『車を押せるようになりたいわ』って冗談を言っていたの」

「もしジープを押すことができれば、(役作りの)準備完了って感じるでしょ」

「この水を開けてもらえるかしら?」と言っていた女性が、重量2トン越えのジープを押せるようになるとは、すさまじい役者魂…。

いかにも
【誰でもできる】【簡単に】【誰でも効果がでる】
みたいに宣伝してるのは
逆に怪しすぎる印象をもってしまうよね

誇大な表現って警戒する人もいるよね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

ぶっちゃけ、何だか怪しいなあ。
全額返金保証はついてるのかな?

やらないよりはやった方がいいのは分かるけど、
ちょっと不安~