三好 秀明のはじめて稼ぐインターネットビジネス 口コミが怪しい

最近、話題になっている

三好 秀明の
はじめて稼ぐインターネットビジネスって・・・
なんだか怪しくないですか?

出典元:2019年2月14日、キヤノンは「EOS R」のカジュアル版とも言える「EOS RP」を発表した。新マウントRFレンズ6機種も19年中の発売を目指す

2019年2月14日、キヤノンは「EOS R」のカジュアル版とも言える「EOS RP」とエクステンショングリップ「EG-E1」、新開発のRFレンズ6モデルを発表した。EOS RPおよびEG-E1の発売は3月中旬の予定で、EOS RP本体の市場想定価格は税別16万500円、EG-E1は9500円となっている。

【関連画像】キヤノン「EOS RP」の「P」はフランス語の「Populair(ポピュレール:人気の、大衆の」に由来

 レンズの仕様や価格については未定だが、高倍率ズーム1モデルと大口径レンズ3モデル、大口径中望遠単焦点レンズ2モデルを19年中に発売する予定とのことだ。マウントアダプターを装着すれば従来のEFマウントレンズも使用できるとはいえ、現状4本しかないRFマウントレンズのラインアップが充実するのは朗報だ。

 ハイアマチュアからプロまでをターゲットとしたEOS Rとのすみ分けのポイントは、ずばり、軽さと価格だ。キャッチフレーズで「しっかり軽やかフルサイズ」とうたっているように、EOS RPではEOS Rの高画質・高機能を継承しつつ、ボディーの重量はEOS Rと比べて140gほど軽くなっている。また価格もキヤノンオンラインショップで税別23万7500円のEOS Rに比べると3割以上も安い。

 EOS RPがターゲットにしているのは、EOS KissシリーズやEOS Mシリーズなどのエントリーモデル、スマートフォンからのステップアップユーザー、およびEOS Dシリーズなどの一眼レフからミラーレスへの買い替え・買い増しユーザーだ。フルサイズ機は大きくて重い、価格が高いというユーザーの声に応えて小型・軽量化を図り、価格も10万円台に抑えられている。

 とはいえ、EOS Rシステムの画質の高さや操作の快適さは受け継いでおり、有効画素数は約2620万画素にとどまるものの、映像エンジンには最新のDIGIC 8を搭載。オートフォーカス(AF)はEOS Rと同等の0.05秒(RF21-105mm F4 L IS USM装着時)で、固定時約5.0コマ/秒、追従時約4.0コマ/秒の連写が可能だ。EOS Rではファームウエアアップデートで対応予定となっている瞳AFでの連写に対応しているのもポイントだろう。

 また手ブレ補正機構に関しては、EOS R同様デュアルセンシングIS(イメージスタビリゼーション:Image Stabilization)を搭載。これは、レンズのジャイロセンサーとカメラの映像情報からブレを検出する機能で、「RF24-105mm F4 L IS USM/RF35mm F1.8 MACRO IS STM」を装着すれば、レンズの光学ISと合わせて最大5段分の補正が可能になる。

 なお、キヤノンではEOS RPの発売時に同スペックのゴールドモデルを限定5000台で用意するとのこと。発売に合わせたキャンペーンも展開しており、EOS RPとRFレンズ「RF24-105mm F4 L IS USM」を購入すれば2万円のキャッシュバックが受けられるほか、通常モデル用にエクステンショングリップ「EG-E1」、ゴールドモデル用にオリジナルレザーバッグ&ストラップなどのプレゼントも用意されている。

(文/堀井塚高)

公式ページに書かれている
『お客様の声』とか『モニターさんの成功例』とかが
あまりにもウマくいきすぎっ!!!って印象

わたしが気になっているのはコレ・・・

実際の効果が気になるのは事実なんですけど

やっぱり、ネットの商品って
たまに詐欺商品ありそうだし・・・
騙されたくないでしょ。

三好 秀明さんは実績ある人みたいだし
大丈夫なのかな。

どうしよう~
チャレンジしてみようかな。