小泉 太一のヒーリングダイエット 本当の自分に出会い、幸せな気持ちで痩せるための7ステップ 怪しい噂!実践者のリアルな口コミ

小泉 太一の
ヒーリングダイエット 本当の自分に出会い、幸せな気持ちで痩せるための7ステップについて
ネット上では【怪しい噂】もあるみたい

実際のところどうなんでしょう?

出典元:マルチグリル エブリデイを日本で発売した意図とお薦めメニューについて、デロンギ・ジャパンに聞いた

具材を食パンで挟んで簡単にホットサンドが作れるデロンギの「デロンギ マルチグリル エブリデイ サンド&ワッフルメーカー SW13ABCJ-S(以下マルチグリル エブリデイ)」。3枚のプレートを利用することで、ホットサンド以外のメニューも作れるのがポイントだ。そこで今回、マルチグリル エブリデイを日本で発売した意図とお薦めメニューについて、デロンギ・ジャパンでマルチグリルシリーズの製品担当の大山直美さんに伺った。

【関連画像】「デロンギ マルチグリル エブリデイ サンド&ワッフルメーカー SW13ABCJ-S」(実勢価格1万3910円)

 「2000年頃にも、デロンギ・ジャパンのラインナップにパニーニメーカーという名前で挟んで焼く、いわゆるコンタクトグリルがありました。ただ、数年前、イタリアで現在のマルチグリルのプロトタイプ(製品化される前のコンセプトモデル)を見たときに、以前のパニーニメーカーとは違うレベルの商品だと感じました」(大山さん)

 実はそのとき「いいな」と感じたのは、もうひとつのマルチグリル機器「デロンギ マルチグリル BBQ&コンタクトグリルプレート CGH1011DJ」だった。上下のプレートで緻密な温度管理ができ、ただ焼くだけでなく、ちゃんと日本人に合った「調理」ができる、そう考えたそうだ。ではなぜ、マルチグリル エブリデイも国内で販売したのか? 決め手はグリルプレートの存在だ。

 「日本市場にはたくさんのホットサンドメーカーがすでにあります。それらと並べて差異化できるのかを考えました。マルチグリル エブリデイは、ただ食パンを挟んでホットサンドを作るだけの製品ではありません。グリルプレートではしっかりと油を落として肉を焼くこともできます。プレートは最大180度まで加熱できるので、焼き色も付けられます。これなら同じマルチグリルシリーズとして、兄弟で展開できると考えました」(大山さん)

 ホットサンドメーカーや、ワッフルメーカーとしての機能を搭載しつつ、グリル調理ができるのがマルチグリル エブリデイの魅力なのだ。グリルプレートの深さは約1.5mm。その厚みから大きくはみ出さない食材なら上下から挟んで焼ける。しかも、フライパンよりも時短で調理ができるのだ。

【どんなタイプでも解決できる】みたいに言ってるのが
ちょっと【インチキくさい】感じがするのよね

わたしが気になっているのはコレ・・・

よく公式サイトとかに出ているモニターさんって
成功したから、代表例として出演しているわけで・・・
全員が【必ず】成功するとは限らないよね。

かといって
実践者のリアルな口コミを読んでると
かなり高い効果を実感できるみたいだよね。

信じて、試してみようかな