株式会社 ウェスポーランドの横山建の恋愛LINEマスター養成コンサル WL-A130 怪しい噂!実践者のリアルな口コミ

株式会社 ウェスポーランドの
横山建の恋愛LINEマスター養成コンサル WL-A130について
ネット上では【怪しい噂】もあるみたい

実際のところどうなんでしょう?

出典元:結論は先に、余白は多めに。プレゼン時の正しい「アピり方」

『プレゼン・コンシェルジュが教える 社会人1年目の「アピり方」』(天野暢子著、CCCメディアハウス)は、新社会人や社会人歴の浅い方を対象として、「ビジネスマナー、言葉がけや行動によって周囲から一目置かれる存在」になってもらうために書かれたものなのだそうです。

【画像】結論は先に、余白は多めに。プレゼン時の正しい「アピり方」

たとえば、職場の方にお祝いごとがあった場合、同僚へのお祝い金の相場や祝儀袋の書き方など常識的な決まりごとはあります。

しかし、気遣いをさせてしまうだけでなく、お返しの品物の手配で相手が忙しくなってしまう可能性まで想像できれば、メッセージを買いたカードを渡すだけにとどめるという配慮も考えられます。

(中略)

「マナーの一歩先の行動」で自分をさりげなくアピールすれば、重要な仕事を任されるようになります。そしてその仕事をこなすことで、本当に仕事ができるようになるのです。(「はじめに」より)

こう主張する著者はかつて、新卒で中堅の広告代理店に就職し、新聞の広告スペースを買いつける担当をしていたのだそうです。

大手代理店との枠取り競争のなかで常に考えていたのは、経験の少ない自分の要望をどうしたら聞き入れてもらえるのかということ。

そして、そんな過程においてさまざまな人と接しながら「さりげないけれど、すてきな言動」を研究して真似し、仕事を勝ち取ってきたというのです。

本書においてはそうした経験に基づき、「心構え・マナー」「現場・実務」「身だしなみ」「コミュニケーション」「電話・応対」「指示・依頼」「連絡・報告」「来客対応」「外出・訪問」「ビジネス文書」「プレゼンテーション」「メール」「郵便・発送」「IT・SNS」「社内外の交際」について覚えておくべきことを解説しているわけです。

きょうは「プレゼンテーション」の項目のなかから、いくつかのポイントをピックアップしてみたいと思います。

【どんなタイプでも解決できる】みたいに言ってるのが
ちょっと【インチキくさい】感じがするのよね

わたしが気になっているのはコレ・・・

よく公式サイトとかに出ているモニターさんって
成功したから、代表例として出演しているわけで・・・
全員が【必ず】成功するとは限らないよね。

かといって
実践者のリアルな口コミを読んでると
かなり高い効果を実感できるみたいだよね。

信じて、試してみようかな