輸入・輸出電脳せどりツール。グローバルせどらー完全版が【あの掲示板】で話題に!評判や口コミは真実なの?

(株)e-FLAGS  楠山高広さんが販売している輸入・輸出電脳せどりツール。グローバルせどらー完全版が
あの掲示板とかの板で騒がれてるみたいだよ

それだけ注目されてるというのは事実だよね

出典元:GETTY IMAGES

アメリカの演劇界で最も権威ある賞として名高い「トニー賞」の授賞式が、6月9日(現地時間)に開催された。中でも、今年はトニー賞の歴史上初めて、車椅子に乗る女優が受賞したことが大きなニュースとなっている。

【写真】女性たちが歴史を大きく変えた瞬間50

今年、第73回トニー賞のミュージカル助演女優賞部門を受賞したのは、現在『オクラホマ!』というミュージカルに出演しているアリ・ストローカー(31歳)。彼女は、2歳の頃に交通事故に遭ったことが原因で、それ以降ずっと車椅子生活をしているそう。しかし、7歳で初めて鑑賞したブロードウェイミュージカルに魅了され、ミュージカル女優になるという夢を抱くようになったという。

車椅子に乗る人物として初めてニューヨーク大学の芸術学部を卒業したり、2015年にはブロードウェイ初の車椅子に乗る舞台役者となるなど、これまでに様々な“初”を成し遂げてきたアリ。そして今回、ついに車椅子に乗る役者として初めてトニー賞へノミネートされ、さらに受賞をするという快挙達成。

そんなアリの受賞スピーチには、同じく身体が不自由な人たちへ強いメッセージが込められていた。

「ありがとうございます。この賞は、自分たちを代表してくれる人を求めていた、今まさにテレビの前に座っている、障がいや制限がある子どもたちに捧げます。私はあなたたちを代表して、この賞を受けとります」

さらに、「私の手を取ってニューヨーク中の移動を手伝ってくれた親友たち」や、「神から与えられたものを使って、私にも人助けができると教えてくれた両親」への感謝の気持ちを伝えたアリ。また受賞後には、演劇シアターが観客にとってはバリアフリー化されている一方で、そうではない舞台裏の様子を告白し改善を訴える一幕もあった。

車椅子の利用者は踊れないという偏見があることについて、「車椅子に乗っていたって踊れますよ。両手を思いっきり挙げたり、誰かの腕に掴まってステージ上で回してもらうのだって、ダンスのひとつじゃないでしょうか」と反応していたアリ。トニー賞のステージでは『オクラホマ!』の共演者と共に歌って踊り、パワフルなパフォーマンスを見せてくれた。

いかにも
【誰でもできる】【簡単に】【誰でも効果がでる】
みたいに宣伝してるのは
逆に怪しすぎる印象をもってしまうよね

誇大な表現って警戒する人もいるよね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

ぶっちゃけ、何だか怪しいなあ。
全額返金保証はついてるのかな?

やらないよりはやった方がいいのは分かるけど、
ちょっと不安~