6月22日夜に亡くなった小林麻央さん。翌23日の市川海老蔵さんの会見に、もらい泣きしてしまった人も多いのではないでしょうか。

 実は筆者も11年前に、30代だった妹を消化器系のがんで亡くしました。妹にも当時6歳と4歳の子どもがいたし、看病に奮闘する姉・摩耶さんの心労は他人事とは思えませんでした。

◆麻央さんに励まされていた患者さんや家族のショックが気がかり

 がん闘病中の方やその家族で、麻央さんのブログに励まされていた人は多いと聞きます。また、病気に限らず何かつらい状況にいて、「麻央ちゃんも頑張ってるんだから自分も頑張ろう」と感じていた人は少なくなかったでしょう。

 そんな方々が、今ショックを受けているのではないか? それが気がかりです。

 というのは、妹の闘病中に有名人ががんで亡くなったニュースを聞くのが、本人も家族もつらかったからです。

 たとえば歌手の本田美奈子さんが、白血病で亡くなった時(2005年)。妹は病院でテレビを見てないかもしれないので黙っておこう…と思った矢先、見舞いに行ったときに子どもが「ママ、本田美奈子死んじゃったね!」と元気に報告してしまい、アワワとなったこともありました。

「痛くて怖い治療をして、治るためだったらいいよ。でも、がんって着々と死ぬじゃん?」と静かに言う妹に、「そうだねぇ…」としか返せませんでした。

 そこで、「誰々は生還した」と挙げればよかったのかもしれません。でも、生きていることが「願いが叶った」良いことで、死んだことは「やっぱりダメだった」悲劇的なことなのか? それは違うんじゃないか?

 医者に「もう打つ手がない」と言われていた妹を前に、そんな気がしたのでした。

◆麻央さんは「やっぱりダメだった」のか?

ネタバレ記事を見つける為に
ネットで検索してみたら
実践者の体験ブログがあった★。

わたしが気になっているのはコレ・・・

『書いてある通りに正しく実践すれば効果あり?』

何でもそうだろうけど【継続する】のが大変なんだよね。

私みたいな
飽きっぽいタイプの人でもできるかな?

本当に効果がでるなら
頑張ってみたい気もするな。