カテゴリー:未分類の記事一覧

ネットで探したおしゃれな情報

おしゃれなあなたにお届けするおしゃれな話題

カテゴリー:未分類

はあちゅう 人の「肩書」気になりますか? 「ブロガー・作家」と名乗る理由(日経ウーマンオンライン(日経ウーマン))

職名や地位を表す「肩書」。特にフリーランスにとってのそれは、「その人自身の志の表れである」と語るはあちゅうさん。最近炎上した肩書問題をはじめ、その真意を聞きました。

【関連画像】「私にとって肩書とは、『自分はこうやって生きていきたい』を表す看板です」(はあちゅう) 写真/稲垣純也

 3カ月ほど前、「作家」という肩書を使っていることでTwitterが炎上しました。

 発端は「ライター一覧」という趣旨のまとめ記事に載っていたので、自分からは「ライター」ではなく「ブロガー・作家」と名乗っているとTwitter上で発言したことです。

 このつぶやきに対して「『作家』という場合は小説家を指す場合が多い。そのため、はあちゅうさんのことはライターだと思っている」という指摘があり、さまざまな方から肩書に関する意見が噴出しました。それをきっかけに私自身、改めてこの問題について考えてみることにしたんです。

公式ページに書かれている
『お客様の声』とか『モニターさんの成功例』とかが
あまりにもウマくいきすぎっ!!!って印象

わたしが気になっているのはコレ・・・

実際の効果が気になるのは事実なんですけど

やっぱり、ネットの商品って
たまに詐欺商品ありそうだし・・・
騙されたくないでしょ。

株式会社ティーズウェブさんは実績ある人みたいだし
大丈夫なのかな。

どうしよう~
チャレンジしてみようかな。

楽しさ知って病み付き 「24時間で消える」インスタのストーリーって何?(日経ウーマンオンライン(日経ウーマン))

Instagramの新しいトレンド「ストーリー」を使ったことはありますか? 最近注目の機能で、多くのインスタグラマーが活用しています。どんなところが面白いのか、見ていきましょう。

【関連画像】ランチの様子をストーリーに投稿!

 最近Instagramの画面を開くと、気になること、ありませんか?

 画面の上に出てくる丸いアイコン。「ストーリー」機能と呼ばれる動画投稿ツールなのですが、意外に知らない人が多いこのストーリーの使い方。

 今回は、ストーリーの投稿方法から、インスタグラマーはどのような場面で使用しているのか、詳しく解説し、学んでいきたいと思います。

●そもそも、ストーリーって何?

 「ストーリーを投稿したいけど、何を投稿してよいのか分からない」「ストーリーって、何?」など、最近ストーリーに関する質問をされることがとても多くなってきました。

 ストーリー機能とは、24時間で消えてしまう写真および動画投稿機能のことを指します。

 ストーリーを投稿する前に覚えておきたいことが二つあります。

1.投稿したものは、24時間で消える
2.投稿できるものは、24時間以内に撮った写真および動画のみ

 もうお分かりでしょうか? ストーリー機能とは、24時間たてばはかなく消える投稿。最大10秒で投稿した写真や動画が消えるSnapchatやSNOWで、すでに「消える投稿」を体験している方もいらっしゃるかもしれませんね。

本当にあんなに効果が出るんなら嬉しいんだけど、
(ちょっと現実離れした)
インチキ商品のような疑惑を感じるのも普通だよね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

実践者の暴露レビューとかを参考にして
購入するかどうか決めようと思って

ネットで色々調べたら
そんなに悪い評判や口コミが無いんですよ。

サポートもしっかりしてる★と評判が良さそう

どうしよう・・・これはGO!かな?

「素の自分」を出す気持ちよさ 仕事で味わうべき理由(日経ウーマンオンライン(日経ウーマン))

仕事でもプライベートでも、発信力を高めることができれば、やりたいことができる環境が整う時代。せっかくの実力が発信力の弱さで埋もれぬよう、さまざまな実例をあげ、女性らしくしなやかに自己主張ができるようになる手法を、プレゼンノウハウに詳しい池田千恵さんが指南していく連載です。

【関連画像】飾らずに、素の自分を出してみて! (C) PIXTA

●素の自分を仕事で見せるのが怖い?

 仕事をするときに自分の「本音」をなかなか出せずに悩むという人は多いです。仕事とプライベートは別だから、と割り切って考え、「仕事ではガマンするもの」というスタンスでいる方に特にその傾向が強いです。

 仕事もプライベートも同じ自分なのだから、切り替えるだけでエネルギーがかかるのではないかな? と私は思っています。もちろん本音を出すというのは、正直に思ったままをずけずけわがままに言うこととは違います。

 ビジネスルールにのっとったやりとりや配慮は必要ですが、配慮し過ぎて言いたいことまでガマンする必要はありません。

どこまで信じればいいかが難しいな・・・

やってもいないのに
レビューしてる人もいるだろうしね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

効果についてのレビューは、悪評はないみたい。

ほとんどが【怪しい】と考えてることが
前提の推測ばかり。

ただネットの商品って
詐欺が多いって聞くし
購入して、始めてみたいけど・・・

本当に悩むなー。

キレイな人は始めている 腸活&食物繊維を知ろう パワーと取り方を名医が紹介(日経ウーマンオンライン(日経ウーマン))

5月20日(土)、21日(日)に東京ミッドタウンで行われた、働く女性を応援するイベント「WOMAN EXPO TOKYO 2017」。キャリア、美容、健康など幅広いテーマでお届けしたセッションの中から、「キレイも元気も手に入る腸活講座 決め手は食物繊維! そのパワーととり方を名医が紹介」の様子をリポートします。

【関連画像】ヘルスケア事業部 白石千夏さん

 本セッションで取り上げたのは、「腸」と「食物繊維」に関する最新情報。両者はこの15年ほどの間に研究が進み、それまで知られていなかった関係や、健康への影響が明らかになってきているといいます。専門家の立場から、マリーゴールドクリニック院長の山口トキコさんが解説してくれました。

 日本人の食物繊維摂取量の目標値は1日18~20グラム。しかし2012年の平均摂取量は約14グラムで、1955年と比較すると10グラムも減っています。「食物繊維は野菜から取るものという意識がかなり定着していると思いますが、実は穀類からの摂取量が大きく減っています」と山口さん。

 食物繊維は不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の2種類に分けられます。不溶性は玄米や大豆、ゴボウ、カニ、キャベツ、りんごなどに多いもの。水溶性は「ネバネバ、さらさら」が特徴で、海藻類やこんにゃくの原料、オクラやヤマイモなどに多く含まれています。私たちがよく食べるものの中には不溶性が多く、「不溶性:水溶性=2:1」が理想的な摂取バランスといわれています。

今井 馨太郎の関節リウマチのための食事・栄養サポートプログラム 体験談とネタバレがヤバいかも

今井 馨太郎さんの
関節リウマチのための食事・栄養サポートプログラムがネタバレされてる。

体験談とかもかなりあって、けっこうヤバイ感じですね。
これは、多くの人が実践しいるということかな。

ただこれだけ【良い効果】が出ている!なんて聞くと、
逆に【怪しく】感じてきてインチキとか疑っちゃうな

わたしが気になっているのはコレ・・・

効果が出る人もいるし、出ない人も当然いるわけですよね。

全額返金保証もあるのかな?!

とりあえず今回やってみようかな・・・ムムム

信じて、本当に大丈夫かな?