2017年06月の記事一覧

ネットで探したおしゃれな情報

おしゃれなあなたにお届けするおしゃれな話題

月別:2017年06月

完璧なポーチドエッグを作るには?(ELLE ONLINE)

出展元:ELLE ONLINE

卵の調理方法はいろいろあるけれど、マスターするのが一番難しいもののひとつに挙げたいのが、ポーチドエッグ。火が通っていなくて半生に仕上がったり、反対に茹ですぎて固くなってしまったり……。そこで、簡単なコツで、完璧なポーチドエッグが作れるヒントを伝授。さっそくその方法をチェックして!

毎日食べても絶対飽きない! トーストアイデア120

ポーチドエッグを作るにあたって、一番重要なポイントは新鮮な卵を使うこと。古くなった卵はポーチドエッグには向いていないのだ。新しい卵は白身に厚みがあり盛り上がっている。割って白身を見てみて、薄くてサラサラしている部分が厚みのある部分より多ければ、ポーチドエッグには使わない方がいい。
 
<作り方>
1. 鍋に水を入れ、酢を少量、塩をひとつまみ入れる。水に塩を入れると卵が水に浮き、鍋の底にくっつくことが防げる。

2. 湯が沸騰したらスプーンで鍋の縁に沿って静かにかき混ぜ、鍋の中央に卵を入れる。

3. 3分経ったら、穴の空いたレードルで卵をすくいあげ、約1分ほどレードルにのせたままにしておく。水気がきちんと取れる。

4. 3を皿の上に乗せ、塩とこしょうをかける。

こういうときはひとまず、
本当に実践した体験者の
口コミを参考にしたいですよね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

【賛否両論】意見がいろいろあるのも分かるけど

ちゃんと判断したいので
ネタバレやレビューを読んでると・・・

効果はもちろんだけど、
行き詰った時などメールサポート等は、
すぐに返事があってイイみたい。

サポートが【親切】って
購入者の多くが言ってるみたいだね。

男性ソーシャライト3人のダメすぎる失態(概ね犯罪)(ELLE ONLINE)

出展元:ELLE ONLINE

親にお金があると息子がダメになる? そんな断定はできないけれど、近頃2世3世男性セレブたちがダメすぎる……。彼らが起こした騒動ワースト3をご紹介。さてさて、これって親のせい? それとも本人のせい?

【写真】美貌を受け継いだ二世セレブからお騒がせ系まで、母娘セレブ30組総覧

【悩み】が本当に解決できるなら
やっぱり気になるし、やってみたいなあ。

わたしが気になっているのはコレ・・・

こういう時は
体験ブログの口コミを参考にするのがベスト!ですよね

あまり悪い評判もないみたい
効果がでている人もいそうだから
やってみてもいいかもしれないな~

ピッパ・ミドルトン、南の楽園でハネムーンを満喫中(ELLE ONLINE)

出展元:ELLE ONLINE

ピッパ・ミドルトンとジェームズ・マシューズのハネムーン先は南太平洋のフランス領ポリネシアのテティアロア島。かつて俳優のマーロン・ブランドが所有していた島で、2人が宿泊しているコテージの名前も「ザ・ブランド」。島に唯一あるリゾート施設で1泊3900ドルだと報じられている。

【写真】ロイヤルファミリー大集合!ピッパ・ミドルトンの豪華ウェディングフォト29枚

目撃者によるとピッパとジェームズはパドルボートを楽しんだり、手をつないでビーチを散歩したりとハネムーンを満喫していたという。

ちなみに関係者によると2人はこの島に約1週間滞在した後、スコットランドのネス湖の近くで2回目のハネムーンを楽しむ予定。実はスコットランドは2人にとっての思い出の土地。昨年、イギリス湖水地方からネス湖近くを旅行しているとき、ジェームズはピッパにプロポーズしたという。新聞「ザ・サン」によると「ピッパとジェームズは結婚式までの数ヶ月とても忙しく過ごしていた。式が終わり、2人だけで静かに過ごしたいと考えている」。だからビーチリゾートで楽しんだ後は、静かなスコットランドでのんびりするという計画を立てたもよう。

キャサリン妃の妹とリッチな投資会社CEOという華やかなセレブカップルは、今後も世界の視線を集めそう。結婚式が終わっても2人の動きには注目したい。

【悩み】が本当に解決できるなら
やっぱり気になるし、やってみたいなあ。

わたしが気になっているのはコレ・・・

こういう時は
体験ブログの口コミを参考にするのがベスト!ですよね

あまり悪い評判もないみたい
効果がでている人もいそうだから
やってみてもいいかもしれないな~

トランプ大統領、ペントハウスの大きさを盛っていた!?(ELLE ONLINE)

出展元:ELLE ONLINE

ドナルド・トランプ大統領は、一貫して“ものすごい”“状況が悪い”“恐ろしい”“素晴らしい”といった形容詞を何度も何度も使うことを好む。あの有名なペントハウスについても、かなり“盛っている”らしいとの情報をUS版『エル・デコ』から、お届け。

【写真】トランプ大統領のゴージャス過ぎるペントハウスを公開!