2017年06月の記事一覧

ネットで探したおしゃれな情報

おしゃれなあなたにお届けするおしゃれな話題

月別:2017年06月

「付箋」を集金や振り返りに活用 仕事の効率と質が上がる種類別使い方(日経ウーマンオンライン(日経ウーマン))

これまで手帳やメモ帳、ノートなど、あなたの仕事を助けてくれる文房具を紹介してきましたが、今回の主役は付箋。ちょっとした一言を書くのに、とても便利なアイテムです。そんな付箋を効果的に使う方法は? すずまり姉さんに聞いてみました。

【関連画像】1枚しかない紙の資料には、この付箋を使うと便利

(登場人物)

やる子(30歳) & すずまり姉さん(40代)左:やる子(30歳)/仕事に対しては真面目で、やる気も十分なのに、なぜかいつも空回り……。ミスやムダが多く、残業しているのは自分だけという状況もしばしば。

右:すずまり姉さん(40代)/効率よくスマートに仕事をこなす。過去に数多の過ちをやらかした経験からミス、ムダ、残業を忌み嫌う。厳しさと愛をもって全力で後輩を指導中。

●付箋のBADな使い方

 上半期の終わりが見え、どことなく慌ただしく感じるこのごろ。日経YARUKI社とて例外ではなく、やる子もバタバタとオフィスを行き来しています。

やる子 「は~、もう、忙しい! 今日中にアポ取り2件、頼まれちゃったし……あ、経費精算も催促されたんだった」

 やるべきことを思いつくまま付箋に書き、パソコンにペタペタと貼っていくやる子。と、そこへカツカツカツ! と靴音を響かせ、すずまり姉さんがやって来ます。

すずまり姉さん 「ちょいとお邪魔しますよ~。やる子、この書類なんだけど……って、何、この付箋! デスクはキレイなのに、モニター周りだけどうしてこんなにゴチャゴチャなのよ」

やる子 「あっ、すずまり姉さん、お疲れさまです。いつもTo doリストは作っているんですけど、今日は至急で頼まれた仕事が多かったんで。目の前に貼れば、忘れないでしょ?」

 誇らしげに笑顔を向けるやる子に、すずまり姉さんは思わずため息。

すずまり姉さん 「ったく、あ~たって子は……。この付箋なんて、『午後イチで電話』って書いてあるけど大丈夫なの? もうティータイム目前なんだけど」

やる子 「あ~、それは大丈夫です、はがし忘れただけなんで。……って、ヤバイ! その下の作業、15時までなのにまだ処理してないっす」

すずまり姉さん 「また出たわね、やる子のうっかりが。だいたい、付箋の使い方がダメなのよ。今、あ~たが作っている書類も、付箋だらけで読みにくいし、書いてある文字も小さいし……。も~、仕方ないわね。効率的な付箋の使い方を伝授するから、一段落したら声かけて」

いろんな口コミを見てみたけど
  ・実際に体験した人の口コミは信頼できる
  ・やらずに騒いでる人の口コミは基本的に悪評を書いている
ような気がします。

違うかな?

わたしが気になっているのはコレ・・・

どれだけ簡単に効果がでるかは、
口コミからはわからないけど、

【短期間】といっても
さすがに3日間~2週間って・・・
かなり怪しい感じがするのは私だけかな

けど本当に効果が出るならやってみたい★

事実、ずーっと悩んでるわけだし
早くコンプレックス解消したいよ。

ハーバード流「相手の立場に立つ」方法 多様な価値観 初の女性学長が教えてくれた「人生のあり方」(日経ウーマンオンライン(日経ウーマン))

「My Dear Sir」

 次の世紀を生きる人への手紙は、この3つの言葉から始まった。

【関連画像】国籍も宗教も業界も職種も多様なメンバーが集まり、意見を交わすハーバードの毎日

 1933年から20年にわたり、ハーバード大学の学長を務めたコナント氏が、21世紀にハーバードの学長を務める者へメッセージを残していた。その手紙には、不安定な社会・政治情勢への危機感や、ハーバードの世界での役割についてつづられていた。

 しかし、怒涛(どとう)の時代にハーバードのトップを務めたコナント学長さえも、予想できなかったことがある。「My Dear Sir」―。「Sir」は男性への敬称だ。彼が書いた手紙を読んだ21世紀のハーバードの学長は、女性だったのだ。2007年に、ドリュー・ファウスト氏はハーバード初の女性の学長として就任した。

 そんなハーバードでの2年間の大学院生活を終え、私は先月ケネディ・スクールを卒業した。世界100カ国から集まる同級生や名だたる教授陣と会話を重ね、一生続くであろう、かけがえのない人間関係を築くことができた。そして何より、人生の考え方が大きく変わった。

●「他人にどう思われるかを気にする自分」を認めたくない

 2年前、ハーバードに到着した自分は、とにかく他人にどう思われるかが気になっていた。しかも、これは今になって言えることで、当時は気になっていることすら、認めたくなかった。

 会社を辞めて留学する決断を本当はみんなどう思っているのか。卒業後、すごいことをしていないと、意味のない留学だったと思われるのか。「世界に羽ばたいている」と周りから言われる割には、自分の凝り固まった価値観や考えに縛られていた。

 けれど、50年以上も前に書かれた手紙が、女性の学長誕生を予想できなかったように、あるときの「普遍」は、あっという間に「過去」となる。さらに、多様な国や職業の友人と過ごす中で、私は自分の育った社会で築かれてきた価値観から、少しずつ解放されるようになっていた。

こういうときはひとまず、
本当に実践した体験者の
口コミを参考にしたいですよね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

【賛否両論】意見がいろいろあるのも分かるけど

ちゃんと判断したいので
ネタバレやレビューを読んでると・・・

効果はもちろんだけど、
行き詰った時などメールサポート等は、
すぐに返事があってイイみたい。

サポートが【親切】って
購入者の多くが言ってるみたいだね。

ハリー王子 水も滴るいい男は恋人がいても世界を魅了!(25ansオンライン)

愛しい恋人と遠恋中、ただいまお独りで海外ツアー中のハリー王子。まずはシンガポール。今週水曜日にはオーストラリアはシドニーに到着されました。2日間の予定で滞在中、メインは、ハリー王子が立ち上げられ、パトロンとなられている、戦争負傷者たちのためのパラリンピック 「インヴィクタス ゲーム」のローンチ。今年の開催地カナダ トロントに続いて、来年2018年10月に行われる場所は、ここシドニー。その開催まで500日のカウントダウンとして、到着後セレモニーに出席され、オーストラリアのターンブル首相とともに挨拶をされたハリー王子でしたが、まず最初に、ツアー最中起こった悲劇、ロンドン橋でのテロ攻撃について、そして被害者の中にいたオーストラリア人の死者お二人と、負傷者のお二人に対してもお悔やみの言葉を述べられました。
その後は、シドニーハーバーへ。この場所といえば、ウィリアム王子&キャサリン妃も訪問、つい先日はハネムーン中のピッパさんが突如目撃されたところでした。この日、王子はインヴィクタス ゲームの下見として、セーリングチームのメンバーたちとお会いになりました。ジェット船上でシドニーハーバーをお楽しみだったのもつかの間、空にだんだん暗雲が。
サーキュラー キー埠頭に到着された時には海は荒れ、滝のような大雨が降っていました。到着するやいなや、待っていた側近が傘をさしてさしあげるものの、もはや間に合わない状態。諦めたように、いえ、それぞロイヤルメンバーの常識なのでしょう、濡れることなど気にすることなくまっすぐ、ずっとハリー王子の到着を待ち続けた何百人もの沿道の皆さんの方へ向かわれました。

【熱烈なファンに唇を奪われそうになるハリー王子】

握手に写メにファンは大興奮。ハリー王子との2ショット写真撮影するカメラマンの男性のために、傘をさしてあげていたのは何と王子。もちろんご自身にはお付きはいるものの、もはや何をしても無駄といったレベルのびしょ濡れ状態。いつもはふんわり立たせた髪も、この時はぺったんこになってしまった王子ですが、それすらむしろセクシーにすら見えるから不思議(笑)。まさに「水も滴るいい男」とはよく言ったもの。待ちかまえていたファンも同じとばかり、黄色い声が飛び交っていましたが、カフェで働く女性たちが王子のためにカップ&ソーサーに入れた紅茶を持参していたり、チョコレートビスケット手渡ししようとする人も。さすがに王子も「今はもらえないよ」なんてうまく逃げられたよう(笑)。こんなことも王子となれば慣れっこですね。とはいえ、どちらも王子のためにイギリス風のおもてなしをしようとの気持ち、うれしいですよね。

そしてもうひとり、最も注目されたファンが97歳の戦争未亡人ダフネさん。
なんとこの方、2015年にもハリー王子と会っているのだとか。王子がオーストラリア国防軍で1ヶ月滞在されていた出向の配属が終了した時で、胸につけた勲章を見て近づいてこられたハリー王子のほっぺにキスをしたダフネさん。そして2年後の今回、2度目のキスを。王子も覚えていらしたようで、ダフネさんを見るなりリアクション。ハグとキスで再会をよろこばれていました。ダフネさんは、前回とはそれぞれ異なるほっぺにキスをできたと大喜びのご様子。
そういえば、同じく2015年オペラハウス前で、ひとりの熱烈なファンに王子が唇を奪われそうにもなりましたね。この女性も、同様に今回もいたそうですが、今回は王子もご無事だったようです(笑)。

ダフネさんも、「こんな大雨の中でも彼のためなら待つ価値はあるわ。彼は心からとっても暖かい青年で、負傷した軍人達のことを本当に気遣ってくれるし、彼らをサポートする素晴らしい仕事をしてくれているわ。」と、大絶賛。人生の先輩はやはり、イイ男を見抜く目あり!なのでしょう。

ちょっと不安があるんだよね。

口コミで見る限りでは、
良い評判もあるし
さっそく試したいけど・・・どうなんだろうね?

わたしが気になっているのはコレ・・・

実践者の口コミや評判って
何か安心感があって、
基本的に効果については肯定する声が多かったです。

あまり良い口コミばかりだと
胡散臭いけど・・・やってみようかな