2017年07月の記事一覧

ネットで探したおしゃれな情報

おしゃれなあなたにお届けするおしゃれな話題

月別:2017年07月

ジョージ・クルーニーが双子のパパに!(25ansオンライン)

数多くの女優やモデルと浮名を流し、“一生独身”宣言をしていたジョージ・クルーニーを射止めたのが、妻のアマル・クルーニー。敏腕弁護士として活躍する彼女は、ファッションからヘア&メイクに至るまで高いセンスを誇り、まさに才色兼備を絵に描いたような女性。夫のジョージに引けを取らない存在感とエレガントな美貌をもつ彼女も、遂に双子のママに!
実は、エンタメ界では双子のママが多く、代理母出産も珍しくないのだとか。女優やアーティストとしての成功を手にしつつ、母として子育てに奮闘する双子のママからは、女性の強さと美しさを感じずにはいられません。

【アマル・クルーニー出産記念! エンタメ界の双子ママを総ざらい】

ネットの評判や噂って
実際のところどうなんだろう?

正直、ノウハウに興味あるから気になります。

わたしが気になっているのはコレ・・・

こんなに簡単に効果がでるんなら
すぐにでもやってみたい気がするんですよね。

評判や口コミどおりに効果あるなら
嬉しいけど・・・。

キャサリン妃妹ピッパさんの結婚後ファッションに世界が賞賛!(25ansオンライン)

初日のキャサリン妃に続いて、水曜日には妹ピッパさんも、弟ジェームズさんとともにウィンブルドンで観戦!
ブラッシュピンクのレーシーなドレスは、大人気のセルフ ポートレート。キャサリン妃も昨年初めて、白のフルレングスのドレスを着られましたが、ピッパさんにとっても今回が初めて。ティアードのミディ丈、ウエストはグログランの黒いリボンベルトがアクセントになっていて、白襟にケープのようなデザインのショルダーがとっても可愛いドレスですね。
ピッパさんが選ぶとは、驚きでした。以前のピッパさんなら、どこをどう取っても甘い、このデザインをチョイスしなかったはず。
小物はスエードのドーヴグレーの、クラッチとパンプスを合わせたピッパさん。これもとってもエレガントなコーディネートに仕上げましたね。
私としては、靴はパンプスではなく、ややデザイン性のあるピッパさんらしいエッジの効いたものを履いて欲しかった気もしますが。
大きめサングラスと、ヘアをポニーテールで軽くしたところは、ピッパさんらしいものの、それにしても一体どうしちゃったの?と、いうのが、正直な私の印象でした。どこにもエッジさはない…とにかく甘い、可愛い、ガーリー。

【結婚後のピッパさんの幸せファッション】

話題になった、フランス領ポリネシア&オーストラリアを周ったハネムーン。その時のピッパさんのワードローブが、合計19000ポンド(約279万3000円)とも言われ、かつてない好感度の高さでしたが、帰国後も、やはりピッパさんのスタイルは大きく変化していました。

【どんなタイプでも解決できる】みたいに言ってるのが
ちょっと【インチキくさい】感じがするのよね

わたしが気になっているのはコレ・・・

よく公式サイトとかに出ているモニターさんって
成功したから、代表例として出演しているわけで・・・
全員が【必ず】成功するとは限らないよね。

かといって
実践者のリアルな口コミを読んでると
かなり高い効果を実感できるみたいだよね。

信じて、試してみようかな

バルスが社名を「Francfranc」に変更へ、今年9月から(Fashionsnap.com)

インテリアショップ「フランフラン(Francfranc)」を運営するバルスが、9月1日から社名をFrancfrancに変更することを発表した。

JINS運営のジェイアイエヌも今年社名を変更

 同社は「フランフラン」が今年で創立25周年を迎えたことを節目にブランドを更に成長させていくため、社名とブランド名を統一。これまでは複数のリテールブランドを運営してきたが、今後はFrancfranc事業に集約し、企業の持続的な成長と価値向上を目指すという。

■新社名および商号
和文社名: 株式会社 Francfranc
英文社名: Francfranc Corporation

本当にあんなに効果が出るんなら嬉しいんだけど、
(ちょっと現実離れした)
インチキ商品のような疑惑を感じるのも普通だよね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

実践者の暴露レビューとかを参考にして
購入するかどうか決めようと思って

ネットで色々調べたら
そんなに悪い評判や口コミが無いんですよ。

サポートもしっかりしてる★と評判が良さそう

どうしよう・・・これはGO!かな?

浜松「すっぽんパイ」、執念の再々チャレンジ【カレー沢薫の「ひきこもりグルメ紀行」】(女子SPA!)

【カレー沢薫の「ひきこもりグルメ紀行」Vol.10 浜松「すっぽんパイ」】

 みなさん「すっぽんパイ」をご存知だろうか。

⇒【写真】これが「すっぽんパイ」。クラッカーに近い食感と見た目。

「うなぎパイ」の類似品のように聞こえるかもしれないが、発売したのは他でもない元祖うなぎパイの春華堂である。

「すっぽんパイ」は春華堂がこの春打ち出した新商品だ。

 うなぎが当たったから次はすっぽん、という思いつきで作られたようにも見えるが、うなぎパイはすでに誕生から57年(初老だ)であり、思いついたにしては遅すぎる。

◆消えた&ほぼ消えた“すっぽん菓子”の47年

 そう、「すっぽんパイ」は今思いついて出来たのではない、ずっと前から思いついていたのだ。

「次はすっぽんや」と思いついたのは二代目社長だ。そして1970年すっぽんのお菓子「かちもき焼」が誕生した。

 みなさん「かちもき焼」を知っているか。おそらく知らないだろう。

 消えているからだ。

 なぜ消えたかというと、多くの消えた商品がそうであったように、売れなかったからだ。売れなかった、と言っても「うなぎパイほど売れなかった」という話だ。

 どの業界でも一発ヒットを出したが、次が続かないというのは良くある。むしろ一発当ててしまったからこそ、次がそれと比べられてパッとしないということもある。

 漫画界で言えば、高橋留美子御大のように、出すもの全て売れる天才もいるが、一方で……これは実例を出すと角が立つので控えるが、それでも一発当てただけでも大したものであり、私のように一発も当てず死ぬ奴の方が大多数なのだ。

 よって春華堂も57年も続く銘菓うなぎパイを輩出した時点で、大金星なのだ。しかし春華堂は「二匹目」を諦めなかった。

 1983年、すっぽん菓子第二弾「すっぽんの郷」がリリースされた。しかし、これもふるわなかったようで、今では単品販売はなく「お菓子のフルタイム」セットの中の一つとして残るのみだ。

 結果として二回も成果が出せなかったのだ。

 おそらく多くの人間がこう思うだろう「すっぽんはダメなのでは」と。

◆まだやるか。第三弾「すっぽんパイ」が誕生

 漫画だって野球漫画で二回コケれば、次はバブルサッカーとか方向転換をはかるだろう。しかし春華堂はすっぽんを諦めなかった。

 ちなみに私は、猫の漫画をたくさん描いているのだが、どれも売れてない。だからと言って他の動物にしようとは思わないし、これからも猫を書くだろう。これは猫が好きというのもあるが「他に思いつかない」からだ。

 よって春華堂も「すっぽん以外何も思いつかねえ……」という状態なのかもしれないが、2017年、二代目社長の御霊に報いるべく、すっぽん菓子第三弾「すっぽんパイ」が誕生した。

 かちもき焼から47年、もはや執念である。しかもかけているのは年月だけではない。

<2015年に制定された「うなぎパイ職人師範制度」の初代師範 野末三知夫と、若きパティシエ2名が互いの知恵と手わざを出し合い、試行錯誤の末に完成。春華堂創業130年となる2017年、先代の想いを繋ぐにふさわしいお菓子として、新しく生まれ変わった朝のお菓子「すっぽんパイ」が登場しました!>(公式HPより)

「うなぎパイ職人師範制度」。やはり57年もやっていると色々起こるようだ。

 ちなみに、聞いた話だが、現在うなぎパイ職人は全員男性で、商品への異物混入を防ぐため、自主的に体毛を剃っている人もいるのだという。

 半端ではない商品へのこだわりだ。もちろん、他社類似品も品質管理はちゃんとしているだろう。しかし「おっさんの体毛混入の可能性を1%でも減らしたい」という場合は、やはり春華堂のうなぎパイを買うべきなのである。

◆すっぽんパイは、どこが「朝のお菓子」なのか?

 このように、生まれるまでのエピソードが特濃すぎるのだが、すっぽんパイは食欲のない朝でもサクッと食べられる「朝のお菓子」と銘打ってある通り、うなぎパイに比べるとあっさりした味わいだ。

 パイというより、クラッカーに近い食感で、すっぽん他、桜えびや鰹節を使用しているからか、ほのかに魚介の風味がするが、クセはなく、確かに朝食べやすい。

 それに朝というのは元気がないものだ。

 少なくとも、一週間中五日は元気がない。会社を辞めれば七日全部元気になるが、そうもいかない。

 よって、朝はウソでも良いから、会社に行く気力が出る物を摂取したいのだ。かと言って朝から、すっぽんの生き血をすするのは難しい。むしろすっぽんをさばいた時点でかなり消耗してしまっているだろう。

 しかし、すっぽんエキスみたいなサプリを飲むだけでは味気ない。

 その点、すっぽんパイはすっぽんエキス配合の上に、美味い。美味いので寝る前に一箱全部食ってしまった。おかげで元気に寝れたと思う。

 私は売れたことがないのでわからないが、一発何かを当てたら「もうそれでいいや」となってしまう気がするし、その財産で食っていくというのも全然ありだ。

 しかし、春華堂は半世紀たった今でも「越えるもの」を諦めていないのである。

 そんな、老舗の根性と執念を一度食べてみてはどうだろうか。

<文・イラスト/カレー沢薫>

【カレー沢薫(かれーざわ・かおる)】

公式ページに書かれている
『お客様の声』とか『モニターさんの成功例』とかが
あまりにもウマくいきすぎっ!!!って印象

わたしが気になっているのはコレ・・・

実際の効果が気になるのは事実なんですけど

やっぱり、ネットの商品って
たまに詐欺商品ありそうだし・・・
騙されたくないでしょ。

株式会社アドドリームさんは実績ある人みたいだし
大丈夫なのかな。

どうしよう~
チャレンジしてみようかな。