2018年05月の記事一覧

ネットで探したおしゃれな情報

おしゃれなあなたにお届けするおしゃれな話題

月別:2018年05月

【世界のヤング大富豪】ブルネイのマティーン王子(25ansオンライン)

世界のヤング大富豪のなかから、若くて生粋のイケメンをリサーチ。
今回は、一国の王子であり、「かっこいい!」と世の女子を虜にしているマティーン王子をご紹介。見ているだけで目の保養になるかも!?

【マティーン王子のかっこいい写真をすべてみる】

ネットの評判や噂って
実際のところどうなんだろう?

正直、ノウハウに興味あるから気になります。

わたしが気になっているのはコレ・・・

こんなに簡単に効果がでるんなら
すぐにでもやってみたい気がするんですよね。

評判や口コミどおりに効果あるなら
嬉しいけど・・・。

60歳おめでとう! くまのパディントン展が渋谷で開催に(25ansオンライン)

1958年、マイケル・ボンド氏により生み出された児童文学『パディントン』シリーズ。その世界観に浸ることができる展覧会『生誕60周年記念 くまのパディントン展』が、Bunkamura ザ・ミュージアムで4月28日(土)より開催となります。

40以上の言語に翻訳・出版され、絵本やアニメーション、映画、ぬいぐるみなどでも幅広く展開、世界的キャラクターに成長したパディントン。今年で生誕60年となることを記念して行われる本展では、児童書シリーズでの挿絵でおなじみのペギー・フォートナム氏をはじめ、各作家による絵本や漫画の原画、生みの親ボンド氏の仕事道具やインタビュー映像など、さまざまな角度からパディントンの魅力を紹介。

2017年6月、91歳でこの世を去ったボンド氏への追悼の意も込められている本展。第二次世界大戦のロンドン空襲で郊外に逃れた多くの幼い子どもたちが、名札を付けて駅でさまよっていた光景が忘れられなかった彼は、このできごとをヒントに、平和への思いをこのクマに託します。こうして、パディントン駅で優しい家族に拾われる名札付きのクマの物語が生まれました。さまざまな騒動を巻き起こしながらも、彼が街の人気者になっていく姿を描いたこの物語は、平和への願いも込められています。

神木隆之介VSモンペ!新しいタイプの学園ドラマ『やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる』(女子SPA!)

神木隆之介がスクールロイヤー(学校弁護士)を演じる異色の学園ドラマ『やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる』(NHK総合、土曜夜8時15分~)。第1話の視聴率は6.2%でした。

◆神木隆之介の滑舌の良さに萌える!

 主人公は「異議あり!」をまだ言ったことがない、法廷未経験の新人弁護士・田口章太郎(神木隆之介)。田口は公立中学校の校長・倉守(小堺一機)の依頼を受けた法律事務所から、スクールロイヤーとして派遣されます。

 スクールロイヤーは近年注目されている制度で、法律の専門家である弁護士が、その専門的知識・経験に基づき、学校における「法的側面からのいじめ予防教育」「法的相談への対応」などについて調査研究し、分析・検証することでいじめの防止、校務の効率化・負担軽減を目指すというものです(※文部科学省「平成30年度概算要求主要事項」より)。

 田口はおかしいことをそのままにできない性格かつ大の学校嫌いというキャラクターで、彼のことをあまり快く思っていない教務主任の三浦雄二(田辺誠一)からことあるごとに「滑舌いいですね」と揶揄されながらも、弁護士として己の正義を貫こうとします。

 一見、正義の味方風にも映る田口ですが、教育現場というある種の“聖域”に土足で踏み込むカタチとなるわけで、それによって起きる摩擦は容易に想像できます。

 いじめやモンスターペアレント、周辺住民とのトラブルなど、絶えず何かしらの問題を抱える「学校」という場所。その解決のために、豊富な法律の知識や弁護士としての観点から、田口がどのようなサジェスチョンをするのかが、大きな見どころと言えます。

◆「どんな教師になりたかったですか」新しいタイプの学園ドラマ

 第1話では、娘が担任から体罰を受けたと一方的に主張するモンスターペアレント(堀内敬子)を相手に、すっかり疲弊して教師としての自信を失いかけた新人教師・望月詩織(岸井ゆきの)に、「僕は先生の先生でもあるんです」「望月先生はどんな教師になりたかったですか」と言って静かに励ます田口の姿が印象的でした。

「弁の立つ弁護士」というと、ドラマ好きとしてはどうしても『リーガル・ハイ』の古美門研介(堺雅人)を想起しがちですが、学校が舞台であることと、神木が演技を通じてキャラクターとしての魅力をどうプラスするかによって、今までにないドラマになる可能性を秘めていると言えるでしょう。

 学校に子どもを通わせている親の立場としては、トラブルはなるべく当事者同士で解決し、法律が介入するような事態はできる限り回避したいところですが、必ずしもそのようなキレイごとを言ってはいられないのも実情だと思います。

 そんな状況のなか、新しいタイプの学園ドラマとして、現代の学校と子どもたちが抱える問題を改めてあぶり出し、考える機会を与えてくれることを期待します。

―注目!2018春ドラマ―

杉咲花はディオール着用…“花男”新章ドラマ「花のち晴れ」は衣装も豪華(Fashionsnap.com)

杉咲花が主演を務める火曜ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」(TBS系)に、「ディオール(Dior)」をはじめとする数多くの人気ブランドが協力している。同ドラマは、人気漫画「花より男子」の新章として神尾葉子が「少年ジャンプ+」で連載中の同名漫画を実写化。裕福な生徒が通う高校「英徳学園」を舞台にした作品だけに、ドラマを彩る豪華な衣装にも注目が集まっている。

【写真】中川大志が手にしていた「ディオール オム」のバッグ

 4月17日にスタートした「花のち晴れ~花男 Next Season~」は、伝説の4人組「F4」が卒業してから10年後、落ち目となった英徳学園を舞台にした作品。英徳学園にかつての栄光を取り戻すため“庶民狩り“を行う5人組「C5(=コレクトファイブ)」のリーダーを務める神楽木晴(平野紫耀)と、父の会社が倒産し現在は隠れ庶民として同学園に通う江戸川音(杉咲花)らが織りなす学園ラブストーリーが描かれている。

 「ディオール」は、同ドラマで一部撮影場所および衣装面で協力。4月24日放送の第2話では、音が婚約者の馳天馬(中川大志)から贈られたプレゼントとしてドット柄のツーピースやシューズ「JADIOR」、チョーカー、バッグなど「ディオール」2018年春夏コレクションのアイテムを着用し、ギンザ シックスの「ハウス オブ ディオール ギンザ」で2人が買い物デートを楽しむシーンが放送された。なお、同シーンで中川が手にしていたネイビーのバッグは「ディオール オム」の「MOTION」だった。

ネタバレ記事を見つける為に
ネットで検索してみたら
実践者の体験ブログがあった★。

わたしが気になっているのはコレ・・・

『書いてある通りに正しく実践すれば効果あり?』

何でもそうだろうけど【継続する】のが大変なんだよね。

私みたいな
飽きっぽいタイプの人でもできるかな?

本当に効果がでるなら
頑張ってみたい気もするな。