ネットで探したおしゃれな情報

ネットで探したおしゃれな情報

おしゃれなあなたにお届けするおしゃれな話題

記事一覧

「食費」はもっと減らせる 納得できる分類で家計を見直そう(日経ウーマンオンライン(日経ウーマン))

支出の分類として、すぐに頭に浮かぶ言葉は、食費や住居費、水道光熱費などの項目ではないでしょうか。でも、あなたが思っているその「食費」。本当に食費ですか?

【関連画像】勉強会の後の懇親会。これは食費? (C) PIXTA

 多くの家庭を見ていると、独自のやり方で工夫したり、悩んだりしながら、家計管理をしていると感じます。

 そこで、「食べる」という出来事を次の5つに分類して、支出の見直し方法を考えてみましょう。

【5つの食べるシーン】
1.自宅での朝食代・お弁当代・夕食代
2.お店で一人で食べる朝食代・ランチ代・夕食代
3.一人で行くカフェ代
4.友達と一緒に行く飲食代(カフェ・ランチ・夕食・飲み会など)
5.セミナーなどに関連する懇親会

 いずれも「食べる」ということにつながっていますが、あなたなら、これらの項目を「食費」「外食費」「交際費」「習い事」「お小遣い」のどの項目に分類しますか?

<「5つの食べるシーン」を下の5つの項目にどう分ける?>
食費
外食費
交際費
習い事
お小遣い

 正解が知りたくなるところだと思いますが、実は、家計管理の方法には、正解も王道もありません。あるのは、「自分が納得できる分類方法を決める」ことです。

 相談に来られる方のよくあるパターンは、次のようになります。

【5つの食べるシーン】
1.自宅での朝食代・お弁当代・夕食代
2.お店で一人で食べる朝食代・ランチ代・夕食代
3.一人で行くカフェ代
4.友達と一緒に行く飲食代(カフェ・ランチ・夕食・飲み会など)
5.セミナーなどに関連する懇親会

 ↓↓↓

Aパターン 1~5のすべてが食費
Bパターン 1は食費、2~5は外食費
Cパターン 1は食費、2、3は外食費、4、5は交際費またはお小遣い
Dパターン 1、2、3は食費(外食費込)、4は交際費またはお小遣い、5は習い事

【どんなタイプでも解決できる】みたいに言ってるのが
ちょっと【インチキくさい】感じがするのよね

わたしが気になっているのはコレ・・・

よく公式サイトとかに出ているモニターさんって
成功したから、代表例として出演しているわけで・・・
全員が【必ず】成功するとは限らないよね。

かといって
実践者のリアルな口コミを読んでると
かなり高い効果を実感できるみたいだよね。

信じて、試してみようかな

激似! ダイアナ元妃&キャサリン妃がこよなく愛するドット柄コーデ3(ELLE ONLINE)

スタイルアイコンとして没後も注目を集めるダイアナ元妃と、スタイリッシュな着こなしが次々に話題に上る現代のファッションアイコン、キャサリン妃。そんなふたりの着こなしを見比べてみると、さまざまな柄のなかでも、特にドット柄を着こなしが多いことが発覚。そこで、ふたりのコーディネートがそっくりだった3つの瞬間をキャッチアップ!

【写真】キャサリン妃&ダイアナ元妃のそっくりルックを探せ!

ちょっと不安があるんだよね。

口コミで見る限りでは、
良い評判もあるし
さっそく試したいけど・・・どうなんだろうね?

わたしが気になっているのはコレ・・・

実践者の口コミや評判って
何か安心感があって、
基本的に効果については肯定する声が多かったです。

あまり良い口コミばかりだと
胡散臭いけど・・・やってみようかな

大胆カットアウトで挑発!? セレブの最新水着スタイルを速報(ELLE ONLINE)

いよいよ本格的な水着の季節がやって来た! ひと足お先にバカンスを楽しむセレブたちのスタイルから、今着るべき本命水着をピックアップ。最注目は、パーフェクトボディに大胆なラインを重ねたカットアウトやメッシュのデザイン! US版「エル」より。

【写真】お宝水着がざっくざく! 豪華モデルズのセクシーすぎるビキニルック

【悩み】が本当に解決できるなら
やっぱり気になるし、やってみたいなあ。

わたしが気になっているのはコレ・・・

こういう時は
体験ブログの口コミを参考にするのがベスト!ですよね

あまり悪い評判もないみたい
効果がでている人もいそうだから
やってみてもいいかもしれないな~

新ジェームズ・ボンドはお預け! ダニエル・クレイグ、007を続投(ELLE ONLINE)

2015年に映画『007 スペクター』が公開されたとき「再びボンドを演じるくらいなら、手首をガラスで切り裂くよ」「現時点ではやり尽くした。もう次に進みたい」とコメント、ジェームズ・ボンド役を降板することをほのめかしていたダニエル・クレイグ。でも関係者が次の作品もダニエルが主演を務めると明らかにしている。

【写真】キャサリン妃も応援!?『007』のレッドカーペットに夫婦で登場

新聞「ミラー」によると、渋るダニエルをプロデューサーのバーバラ・ブロッコリが説得。関係者曰く「時間はかかったけれど、ダニエルは考えを変えてくれた」。さらにプロデューサーは『007 スカイフォール』で主題歌を歌ったアデルにまた主題歌を担当してもらいたいと考えているという。関係者は「ダニエルとアデルは必勝パターンであり、最高の選択」「アデルについてはまだ未知数だけれど、ボンド映画に参加することを気に入ってくれていた。それはいいサインだ」と語っている。

ダニエルが降板する噂が流れてからは、ファンの間で次の007は誰になるのか、誰がいいのかで議論が巻き起こっていた。トム・ハーディやトム・ヒドルストンの名前も挙がり盛り上がっていたけれど、代替わりはまだ先になりそう。まずはダニエルの再登場を楽しみに待ちたい。