ネットで探したおしゃれな情報

ネットで探したおしゃれな情報

おしゃれなあなたにお届けするおしゃれな話題

記事一覧

英バッキンガム宮殿スタッフ緊急招集で「フィリップ殿下御崩御」の誤報(25ansオンライン)

出展元:エリザベス女王とエディンバラ公

早朝のロンドンで、英国を駆け巡った、ある情報によってメディアの間で大騒ぎになりました。それは、バッキンガムパレスから、全スタッフへ招集命令が出たというもの。
エリザベス女王に最も近いと言われる側近が、ウィンザー城やサンドリンガム、スコットランドのバルモラル城に至るまでのスタッフをバッキンガムパレスに集めてミーティングがあるというからビックリ。そして、そのミーティング後に、何らかのアナウンスメントがあるというのです。
一体何事か?我が国日本でも、もちろんその情報は入り、現地同様に、もしや女王、もしくはエディンバラ公に万が一のことが?とまことしやかに囁かれたのです。

【エリザベス女王の夫エジンバラ公フィリップ殿下を知る7つのトピックス】

英国内外を問わず推測されたのは、エディンバラ公の御崩御。とはいえ、まさに前日の3日、とってもお元気そうなお姿で公務に出席されていたのを知っていた私には信じられませんでした。しかし、現在エディンバラ公は御歳95歳。

各所からのスタッフを集めるなどどいった、異例の事態にメディアを中心とした世界中がざわめき、情報流出した日本時間の午前中から、夕方ミーティングが行われアナウンスメントまでの数時間、様々な憶測が流れ続けました。
エリザベス女王とエディンバラ公に健康面の問題はなく、おふたりともお元気らしい、という噂から、まさか以前から出ていたバッキンガムパレスの改装に伴う内容ではないよね?と、徐々に推測内容は、軽いものへと変化。そして、日本時間の午後6時過ぎ、ついにパレスから公式発表が。エディンバラ公が公務をリタイアされるというものでした。

公式のアナウンスメントはこちら。
「フィリップ殿下エディンバラ公は、今秋より公務を退くことを決心されました。この決断に至ったのはエリザベス女王のサポートあってのことです。フィリップ殿下は、現在以降8月までは、おひとり、女王に同行公務共に、予定通り公務を行われますが、新たな訪問に向けた招待や公務に関しては受けられません。しかし折につれ、特定の公的行事に出席されることはあると思われます。
エディンバラ公は、現在780以上の組織のメンバー、パトロンであり、プレジデントを務められていますが、実際の活動は控えられますが、その関係は今後も引き続き変わりません。なおエリザベス女王においては、ロイヤルファミリーのサポートのもと、これまで同様に全ての公務を遂行されます。」

昨年1年で、219もの公務をこなされたエディンバラ公。この数は、実は孫ウィリアム王子とハリー王子の年間公務数を足した数よりも多いのです。
昨年末にはエリザベス女王も、パトロンを他のロイヤルファミリーへと引き継がれましたが、その数はほんの25。愛する夫フィリップ殿下には、むしろ軽減ではなく一気にリタイアという決断に賛成されたというところにも、なんだか女王の愛と強さを感じます。

しかしながら実はこの騒ぎの裏で、起こってはいけない過ちも。なんと、英国紙ザ・サンで、「エディンバラ公が御崩御」とオンライン上で投稿をしてしまったのです。恐ろしすぎるミスです。
それほど異例の、現地早朝に飛び出したニュースに揺れましたが、実はエディンバラ公ご当人は、すべてお見通しだったのでは?なんて密かに思ったり。なにせ、女王を筆頭に英国ロイヤルファミリーはサプライズ好き。そしてエディンバラ公といえば、失言・暴言でも有名。
書けないことも多くこれらはほんの一例ですが、例えば、英国内での公務中「英国の女性たちは料理が出来ない。」や、カナダご訪問の際の除幕式においては「これがなんであろうと(知らないが)、これを開けることを宣言します。」。1981年英国が不況の時代には「皆、もっと休みをくれと前は言っていたくせに、今は仕事がないと不満を言っている。」とコメント。
こんな辛口コメントが人気で、とても愛されていらっしゃるエディンバラ公なのです。
リタイアの発表において、全スタッフを呼び寄せる必要があったのかが未だに謎ですが、もしや、これはエディンバラ公の意のままに驚かされたのかもしれません。

こういうときはひとまず、
本当に実践した体験者の
口コミを参考にしたいですよね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

【賛否両論】意見がいろいろあるのも分かるけど

ちゃんと判断したいので
ネタバレやレビューを読んでると・・・

効果はもちろんだけど、
行き詰った時などメールサポート等は、
すぐに返事があってイイみたい。

サポートが【親切】って
購入者の多くが言ってるみたいだね。

痩せすぎ?キャサリン妃妹ピッパさん、独身最後の恒例チャリティガラで目撃!(25ansオンライン)

出展元:Photo:Getty Images

4日、ピッパさんがひさびさに登場。ロンドンにあるプライベートメンバーズクラブ、ザ・ハーリンガム クラブで行われた、チャリティガラに向かう姿が目撃されました。これは、「ザ・パラ スノー ボール」と名付けられた毎年恒例のイベントで、パラリンピックや障害者のウィンタースポーツを支援するために開催されています。そしてそのパトロンがピッパさん。昨年も出席され、スピーチもされていました。
姉のキャサリン妃と同様、ロイヤルメンバーではなくとも、趣味と知名度を生かしてチャリティ活動に結びつけていらっしゃるところが素晴らしいですね。

【ハリー王子の恋人メーガンvsキャサリン妃 妹ピッパ ファッション対決】

残念ながら2ショット写真はないものの、もうすぐだんなさまとなるフィアンセ ジェームズ・マシュー氏とお揃いで出席されました。もちろんジェームズさんはブラックタイで登場でした。
婚約発表以来激減した目撃情報に加え、目撃されてももっぱらアスリートのようなカジュアルなスタイルが多かったピッパさんだけに、華やかなドレス姿はいつぶり?と思うくらいお久しぶり。おそらくこれが、独身最後のドレス姿かも。
それにしてもピッパさん、なんだかお顔が変わったような…?痩せましたね。そういえば先日、ピッパさんが結婚式に向けてダイエットのやりすぎ?なんていう記事がありました。日々鍛えているし、決して太っているとは思えないピッパさんでも、やはりダイエットなんて、と思っていましたが、この写真を見るとやや心配に。
しかし、その一方で、なんと健康的に焼けていらっしゃること!しかも、このムキムキっぷり!!思わず見入ってしまいます…。痩せるより、いかにこの筋肉をウェディングドレスとコラボさせるのかが、気になるところです。

ちなみにこの日のドレスは、アーデムのもの。ジャガードのクラシックなお花モチーフが、このブランドらしいですね。ご存じキャサリン妃もご愛用で、今絶好調といえる英国ブランドのひとつです。襟元にビジューがついた、シックながら華やかさもあるドレスが、ピッパさんにとってもお似合い。デザインはシンプルでややガーリーなニュアンスもあり、丈もミディと落ち着きがあり、まさに今のピッパさんの心境を象徴しているスタイルですね。ドレスにぴったりな同系色のサンダルは、ドレスとは異なる仏ブランドでサンドロ。足元は軽やかに遊ぶのがピッパさん流で、若々しくて◎。クラッチは、以前から愛用のブランド、CH キャロリーナヘレラのものでした。

ヘアもナチュラルにセンターパーツのダウンスタイル。結婚式を目前にして、やはり艶々。やはり女性の輝きはヘアにあらわれますね!
姉キャサリン妃と同じく、チェルシーの美容院リチャード・ウォードでのブロードライの賜物かもしれません。

キャサリン妃ほか英国ロイヤルズが勢揃い!恒例エリザベス女王のガーデンパーティ(25ansオンライン)

出展元:Photo:Getty Images

この時期恒例のエリザベス女王が主催、最もお気に入りのイベントと言われるガーデンパーティが16日に行われました。
毎年バッキンガムパレスで3回、エディンバラで1回と合計4回開催されますが、その初日となるこの日、ウィリアム王子&キャサリン妃も揃って女王に同行されました。ほかにもエディンバラ公は当然、そしてアン王女、エドワード王子やベアトリス王女、マイケルオブケント王子ご夫妻が出席されました。
ゲストは午後3時からパレスに入場、ロイヤルメンバーのみなさまは午後4時きっかりに登場、その後国家が流れ、そこからロイヤルズのみなさまはそれぞれにわかれて、ゲストの方々と歓談。通常1000人といわれている招待客ですが、この日はなんと総勢8000人! そのゲストたちのために毎年用意されるのが、カップティー27000杯分、ケーキ20000切れ、サンドイッチ2000。そしてサーブするスタッフの数も400人と、毎度改めて驚いてしまうレベルです。

クラウンモチーフがついたミニケーキなど、見るも食べるも楽しそうで、ゲストとしては大興奮間違いなし!ですが、それよりもやはり皆の興味はロイヤルメンバーといった感じ。そして最も注目されるはエリザベス女王。
この日はペールピンクのコートにお帽子、そして同系色の花柄ドレスをお召しになっていた女王。あいにく曇り空で怪しいお天気だったため、手には傘もお持ちでした。ご存じフルトンのビニール傘ですが、もちろんお洋服&帽子に合わせたピンクがとっても素敵でした。

【エリザベス女王のガーデンパーティに潜入】

主役がピンクで登場とあらば、キャサリン妃はもちろんそれとは違うカラーをチョイス。おそらく事前に打ち合わせをされたと思われますが、国歌が流れる際、整列された ロイヤルメンバーの女性方が全員異なるカラーをお召しになっていたことが、とても美しく印象的でした。
キャサリン妃が選ばれたのはブルー。着回しスタイルですが、アイスブルーのドレスコートはクリストファー・ケイン。2012年ロンドンオリンピックの開会式に初お披露目、その後2014年のガーター勲章授与式でお召しになり、今回が3度目の着用。前回と同じロック&コーのお帽子を合わされました。
一見前回と同じコーデに見えますが、「絶対同じコーディネートはしません!」なのがキャサリン妃。その他小物はすべて異なるアイテムでした。
ピアスは先日初登場となった、キキ・マクドノーのブルートパーズとダイヤのドロップ型。ヌードカラーのパンプスはジャンヴィト・ロッシのスエード。

この時キャサリン妃と会話をする機会に恵まれたラッキーなゲストの人たちのナイスな質問のおかげで、キャサリン妃が、今週末に迫ったピッパさんの結婚式についても話されたようです。
キャサリン妃や家族全員が妹の結婚式をとても楽しみにしていること、でも子供たちがいい子にしていてくれるかがちょっと心配であるとも話されたそう。
そして「子供たちがちゃんとやってくれることを期待しているけれど、なにせあの歳の子たちは、どうなるか分からないわ。」
いつもながら、“なるようになるさ”的なキャサリン妃ママの余裕のコメントです(笑)。未来の国王プリンスも、今はまだ“ひとりの子供”というキャサリン妃の子育て方針がうかがえる気がします。

【どんなタイプでも解決できる】みたいに言ってるのが
ちょっと【インチキくさい】感じがするのよね

わたしが気になっているのはコレ・・・

よく公式サイトとかに出ているモニターさんって
成功したから、代表例として出演しているわけで・・・
全員が【必ず】成功するとは限らないよね。

かといって
実践者のリアルな口コミを読んでると
かなり高い効果を実感できるみたいだよね。

信じて、試してみようかな

キャサリン妃 妹の結婚式で隠れた才能発揮!(25ansオンライン)

出展元:Photo:Getty Images

プリンセスとは美しいだけではなく多才でもあるようです。
英国のみならず、日本でも意外にも話題になったキャサリン妃の妹ピッパさんの結婚式。その後も、トップシークレットだったパーティの様子が徐々に明らかになってきたりと、情報は止まるところをしりません。
そんな中で最も感動したのがこのお話。皆さんもまだ記憶に新しい、メディアにも公開された教会でのおふたりの姿。式に伴い教会内で配られた式次第の表紙に描かれた、セント・マークス教会のスケッチが、なんとキャサリンによるものだったのです。その事実が明らかになったのは、その後ミドルトン家で行われたパーティでの新郎ジェームズさんのスピーチででした。

「結婚式の式次第に、美しいセント・マークス教会のイラストを描き、素晴らしい才能を見せてくれた義理の姉キャサリン妃へ」
と、キャサリン妃を賞賛されたようです。
シークレットじゃなく、それはバラしちゃって良いのね? もしやそれも想定内だったとか?なんて、ちょっぴりうがった見方もしつつ(笑)。しかしながら、お忙しい最中、自らイラストを描かれるなんて、なんだかほっこりしちゃいますよね。そういえば、かつて公務の中で実際に絵を描く機会があった時に、明らかにウィリアム王子とは違い、スムーズに楽しそうに筆が進んでいたのはキャサリン妃でした。昨年末には、今流行りの大人向け塗り絵ブック(Secret Garden colouring book)にキャサリン妃もハマっていると、ウィリアム王子が話されたこともありました。

大学時代はアート史を学び、写真もお好きなキャサリン妃は、ロイヤルメンバーとなられて以来、アートを活かしたチャリティーやナショナル・ポートレート・ギャラリーのパトロンとなられたり、ご興味のある分野を公務にも優先的に取り入れられてきました。
そして、海外ツアー中ご自身が撮影された写真を公開されたり、ご存じのように子供たちのバースデー記念の写真もプロに頼まずご自身で撮影されたりと、様々な才能を見せてこられましたが、今回は新たに「絵」が加わりました。
また、初めてのキャサリン妃のポートレート制作が決まった際には、ご自身で最終候補者の中からアーティスト選びをしたいと言われたのだとか。実際のところ、ポール・エムズリー氏によるそのポートレートは、賛否をよぶ結果となりましたが。

それにしてもキャサリン妃によるこのイラストが描かれた写真を見つけた人もあっぱれに思いますが、もうひとつ私が個人的気になったのが、この式次第を持っている新郎の母ジェーンさんとミドルトン家の関係。なぜなら、教会で見かけたジェーンさんの表情に笑顔が見られなかったから。お父様は到着時から、にこやかだったのですが、お隣の奥様は終始シリアスな表情。新郎ジェームスさんとミドルトン家の関係はいたって良いようですが、果たしてマシュー家ご夫妻とはどうなんでしょう、良好であることを願うばかり。