ネットで探したおしゃれな情報

ネットで探したおしゃれな情報

おしゃれなあなたにお届けするおしゃれな話題

記事一覧

ケイティ・ペリー、「テイラー・スウィフトとのバトルは彼女が始めたこと」!(ELLE ONLINE)

出展元:ELLE ONLINE

コメディアンのジェームズ・コーデンの人気番組「The Late Late Show with James Corden」の特番に出演したケイティ・ペリー。コーデンにテイラーとの関係を聞かれると「ひどいことよね」とあっさり不仲を認めたケイティ。さらにこのバトルを「始めたのはテイラーよ。彼女が終わらせる時期に来ていると思うわ」とも。

【写真】ケイティやテイラーは美しい?それともびっくり!? セレブのすっぴん50連発!

2人のバトルの発端はバックダンサーをめぐる争い。テイラーは「ケイティが自分のツアーダンサーを引き抜いた」と暴露している。でもケイティの主張によると、このダンサー3人はもともとケイティの仕事をしていたという。

本当にあんなに効果が出るんなら嬉しいんだけど、
(ちょっと現実離れした)
インチキ商品のような疑惑を感じるのも普通だよね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

実践者の暴露レビューとかを参考にして
購入するかどうか決めようと思って

ネットで色々調べたら
そんなに悪い評判や口コミが無いんですよ。

サポートもしっかりしてる★と評判が良さそう

どうしよう・・・これはGO!かな?

専門家が伝授 美白化粧品 自分に合う「究極の1本」選び方、効かせ方(日経ウーマンオンライン(日経ウーマン))

出展元:新技術を搭載した美白化粧品が各メーカーから続々と登場するので化粧品選びに迷うかもしれません。

こんにちは。ビューティーサイエンティストの岡部美代治です。30代からの美白特集、今回は「自分の肌に合う美白化粧品の選び方と効かせ方」についてお届けしたいと思います。

【関連画像】効果はじわりじわりと出てくるのです (C) PIXTA

●絞り込まれてきた、安心して使える美白有効成分

 新技術を搭載した美白化粧品が各メーカーから続々と登場するので化粧品選びに迷うかもしれませんが、下記のような「美白有効成分」が配合された「医薬部外品」の美白化粧品を選ぶことが一つのポイントになります。

 厚生労働省によって美白効果が認められている「美白有効成分」はいくつもありますが、近年はだいぶ絞り込まれてきました。

●安心して使える医薬部外品の美白有効成分

(1)ビタミンC誘導体……メラニン合成の抑制、分解の促進

(2)アルブチン……メラニン合成の抑制

(3)コウジ酸……メラニン合成の抑制

(4)トラネキサム酸……炎症予防によるメラニン合成抑制

(5)グリチルリチン酸誘導体……炎症防止によるメラニン合成抑制

 上記に加え、メーカーごとの独自の美白有効成分(カモミラET、ルシノール、4-MSK、XTC、エラグ酸など)もあります。

 最近のトレンドとしては「抗炎症」が美白のキーワードの一つ。炎症を防ぐことで、シミができにくい肌を育んでいくという考え方です。資生堂のHAKUなどに配合されているトラネキサム酸や、グリチルリチン酸、XTCなどが、抗炎症作用によってメラニンができるのを防ぐ美白有効成分です。

 メラニン抑制のメカニズムは美白有効成分によっても異なりますが、どれも安心して使え、シミやそばかすへの効果が認められているもの。適切な配合量も決められているため、どの成分を選んでも美白効果に大差はないと私は思っています。

あなたをよく知らない上司と後輩が入ってきた→自分が低評価に うまく自己主張するためのポイント2つ(日経ウーマンオンライン(日経ウーマン))

出展元:仕事でもプライベートでも、発信力を高めることができれば、やりたいことができる環境が整う時代。せっかくの実力が発信力の弱さで埋もれぬよう、プレゼンノウハウに詳しい池田千恵さんが指南していく連載です。

仕事でもプライベートでも、発信力を高めることができれば、やりたいことができる環境が整う時代。せっかくの実力が発信力の弱さで埋もれぬよう、プレゼンノウハウに詳しい池田千恵さんが指南していく連載です。

【関連画像】うまく自己主張ができれば大丈夫! (C) PIXTA

●のびのびと働けた職場が組織変更でユウウツに?

 仕事の悩みは人間関係が大半を占めるといいます。今までストレスなく仕事をしていた人でも、会社の経営方針の変更や異動などで、突然ストレスがかかる環境にはまってしまう場合もありますよね。

 今回はこんなお悩みを紹介します。今まで評価されて、のびのびと仕事をしていたところに突然上司と後輩が異動してきて環境が変わり、コミュニケーションに戸惑っているそうです。

 新しい会社に入社し、目の前の仕事に一生懸命取り組んでいたところ、働きぶりを評価してもらいました。一人で細々とやっていた仕事を表にわかるように上と掛け合ってくれて、試験を受けた結果、予想外の早さで昇格することができたのです。新しいポジションでしばらくはのびのびと仕事をさせてもらっていたのですが、グループの中の一業務に過ぎなかった私のポジションを、全社的プロジェクトとしてきちんと組織化することになり、上司と後輩が異動してきたことから状況が少しずつ変わってきました

 詳しく聞いてみたところ、上司が、彼女(相談者)が出したこれまでの成果についてまだよく知らないため、彼女の手柄を後輩が立てたように思われている場合があるそうです。かつ、上司は今まで一匹狼的に仕事をしてきたそうで、チームメンバーの仕事の分担や仕事ぶりをきめ細かく見るタイプではない模様……。これはやりにくいですね。

ネットの評判や噂って
実際のところどうなんだろう?

正直、ノウハウに興味あるから気になります。

わたしが気になっているのはコレ・・・

こんなに簡単に効果がでるんなら
すぐにでもやってみたい気がするんですよね。

評判や口コミどおりに効果あるなら
嬉しいけど・・・。

心の底から納得できないと動けない 完璧主義の30歳デザイナーが夫婦出版社を始めた理由(日経ウーマンオンライン(日経ウーマン))

出展元:夫と二人きりの出版社「アタシ社」とは? 三根かよこさんに今の働き方を選んだ理由を聞きました。

かつて結婚情報誌「ゼクシィ」の制作に携わっていた三根かよこさんは今、夫と二人きりの出版社「アタシ社」で仕事をしています。完璧主義で結果も出し、社内で表彰されることもあった彼女は、なぜ今の働き方を選んだのでしょう?

【関連画像】「起動にすごく時間のかかるパソコンみたいな人間なので、午前中はだいたいぼーっとしています」(三根さん)

●最も気の合った相手が夫だった

 「夫婦二人だけで出版社をする」。私自身、そんな働き方を最初は思い付きませんでした。

 私は物事を突き詰めて考えて、納得できないとダメな理屈っぽい性格です。それ故、同性の友人にもどこか距離を感じていました。そんな中で、夫とは本当に気が合ったんです。もともと美容師をしていた彼は子どもみたいに純粋な人で、私が息苦しく感じていた社会のしがらみのようなものをみじんも感じさせませんでした。こういう世界に生きている人もいるんだ、と彼と出会って知ったんです。

 学生時代の私は、勉強も運動も程々にできて、クラスの中では比較的にぎやかなグループにいる子でした。たぶん完璧主義者なのですが、それは自信のなさの裏返しでもあったように思います。絵を描くとか、手を動かしてものをつくることは好きでしたが、一つのことに没頭できる性格ではないので、突出した何かがあるわけでもなくて。そのくせ「とりあえずやる」ということができない性分で、高校の途中から勉強に意味が見いだせなくなって、大学受験をやめてしまいました。

ネタバレ記事を見つける為に
ネットで検索してみたら
実践者の体験ブログがあった★。

わたしが気になっているのはコレ・・・

『書いてある通りに正しく実践すれば効果あり?』

何でもそうだろうけど【継続する】のが大変なんだよね。

私みたいな
飽きっぽいタイプの人でもできるかな?

本当に効果がでるなら
頑張ってみたい気もするな。