ネットで探したおしゃれな情報

ネットで探したおしゃれな情報

おしゃれなあなたにお届けするおしゃれな話題

記事一覧

夏こそお風呂でぽかぽか作戦!(25ansオンライン)

25ans 美容班の極私的お気に入りをご紹介。

猛暑にさらされたり、逆にクーラーで体が冷え切ったりと、うっかり体調を崩しやすい季節です。
V子は基本的に湯船派ですので、こんな体調を崩しそうな時期こそ、ぽかぽかお風呂にこだわりたいと思います。
愛用している入浴剤は、亀田利三郎薬舗の天然漢方スパハーブ。
2種の内、昨晩はグリーンの「騰蛇ゆ(とうだゆ)」をセレクト。
消臭効果も高い白檀(ビャクダン)、体を温める厚朴(コウボク)、血を巡らす効果の高い紅花(コウカ)、温め理気する生姜(ショウキョウ)、保湿効果に優れた椿油が入っているそう。
ニオイの気になるこの季節、嬉しいですね。もちろん、温め、リラックス効果もあります。
ものとしては、漢方が袋に入っており、お湯をためる際にポーンと入れると、入るころには、浴室がふんわり和ハーブの香りに。
アロマティックな外国ハーバルとはいかず、和のちょっと特徴的な香りですが、でもこれが私は好きです。
この写真にはないですが、薄荷とよもぎが入った「朱雀ゆ(すざくゆ)」も夏にはおすすめ。よもぎの温め効果もあるけれど、薄荷で湯上りがすーっとしてくれますよ。
1個¥600、可愛いヴィジュアルなのでちょっとしたギフトにもおすすめです。

●エディターV子

フラミンゴ・ウオークで美姿勢に ダイエット効果も(日経ウーマンオンライン(日経ヘルス))

普段歩くときに、たった1つのポイントを意識するだけで、衰えやすい下半身の筋肉を鍛えられるのが「フラミンゴ・ウオーク」。女性が憧れる、ムキムキではないしなやかな筋肉が自然と身につけられます。スラリと美しい歩き姿勢と引き締まった下半身はすぐそこ!

【関連画像】右脚へ乗り込み次の片脚立ちへ

 「現代人は運動不足で姿勢が悪く、歩くときもひざが曲がったままの人が多い」と話すのは、元オリンピック競歩選手でウォーキングプロデューサーの園原健弘さん。ひざを曲げて歩くと、バランスを取るために股関節も曲がる。この状態でむやみに歩いても太ももの前面に力が入り、お尻の筋肉が使われないため「太ももが太くなり、お尻が垂れる」と園原さん。

 そんな園原さんが推奨する「フラミンゴ・ウオーク」は、片脚立ちを左右交互に繰り返す歩き方だ。無理に大きく腕を振る必要はない。「ひざを伸ばして立つと股関節も伸びる。その姿勢のまま歩くだけで、本来歩行動作で使われるべき太ももの裏側やお尻が働くようになる」(園原さん)。

 片脚立ちで背すじがスッと伸びると、見た目の姿勢も美しく改善される。さらに「全身の筋肉が動員されて基礎代謝が上がり、ダイエット効果も期待できる」と園原さん。フォームの改善だけなら1カ月で、体形は早ければ2カ月で変わるという。

 最初は写真のように片脚のストップモードから始めて。次にゆっくりモードで5歩ほど歩けるようになったら、普段の歩きに取り入れよう。

(1)左脚を軸にして片脚で立つ
左のひざと股関節をしっかり伸ばし、片脚で立つ。左の足裏全体で地面を押しながら、背伸びする感覚で。
○ 意識するポイントは1つだけ 軸足のひざは伸ばす

(2)重心を前に移し倒れないように右脚を出す

(3)右脚へ乗り込み次の片脚立ちへ
右ひざと股関節がしっかり伸びているのを確認する。重心を前に→片脚立ちを、まずは左右交互に5歩ほど続ける。
○ 軸足のひざは伸ばす

●フラミンゴ・ウオークは3段階でマスター
(1)まずは姿勢を覚える ストップモード
(2)5歩続けてみよう ゆっくりモード

いろんな口コミを見てみたけど
  ・実際に体験した人の口コミは信頼できる
  ・やらずに騒いでる人の口コミは基本的に悪評を書いている
ような気がします。

違うかな?

わたしが気になっているのはコレ・・・

どれだけ簡単に効果がでるかは、
口コミからはわからないけど、

【短期間】といっても
さすがに3日間~2週間って・・・
かなり怪しい感じがするのは私だけかな

けど本当に効果が出るならやってみたい★

事実、ずーっと悩んでるわけだし
早くコンプレックス解消したいよ。

メカジキを使って簡単「やせる作りおき」レシピ(日経ウーマンオンライン(日経ヘルス))

たんぱく質が豊富な肉や魚をしっかり食べることはダイエットの基本のキ。冷蔵庫に作りおきがあれば、アレンジするだけでメーン料理がすぐに完成します。「体にいい魚をもっと食べたい」という人や、「ボリュームのある肉料理を食べたい」という人にお薦めのレシピです。

【関連画像】野菜とチーズをプラスして焼くだけ メカジキのゴマ味噌チーズ焼き

 正しいダイエットとは“体脂肪を減らして筋肉を維持すること”。そのためには筋肉の材料となるたんぱく質をとることが重要だ。1年で26kgの減量に成功した料理研究家の柳澤英子さんは、糖質を控え、たんぱく質や食物繊維をしっかりとったところ、筋肉量を落とさずにダイエットに成功したという。

 たんぱく質豊富な食材といえば肉、魚、卵、大豆製品だが、魚料理は苦手だし鮮度も下がりやすくて心配……という声も。「魚は買ってきたらすぐにひと手間かけて調理するのがお薦め。冷蔵庫で3~4日持つから多めに作っても大丈夫」(柳澤さん)。冷蔵庫にすぐに食べられるものがあるのは心強い。「少し手を加えるとベースの料理とはまったく違う料理になるから、飽きずに食べ切れます」(柳澤さん)。

 次のページでは、柳澤さんの真骨頂のびっくりするほど簡単でおいしい魚と肉料理の中から、まずはメカジキを使ったレシピを紹介しよう。

●やせる! 作りおきのポイント

・主食を食べ過ぎないために塩分は控えめに
・ベースの料理はシンプルな味付けに

本当にあんなに効果が出るんなら嬉しいんだけど、
(ちょっと現実離れした)
インチキ商品のような疑惑を感じるのも普通だよね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

実践者の暴露レビューとかを参考にして
購入するかどうか決めようと思って

ネットで色々調べたら
そんなに悪い評判や口コミが無いんですよ。

サポートもしっかりしてる★と評判が良さそう

どうしよう・・・これはGO!かな?